記録中

3/10(土)阪神12Rフォンターナリーリ

4歳上1000万下(ダ1800M)に出走予定
200_13s_20171104102811ba6.jpgc_02.gif
2017年度JRA最高勝率トレーナー、中内田師のワケアリ勝負馬。先日の弥生賞は厩舎の看板馬ダノンプレミアムが圧巻の内容で4強対決を快勝。勝負所では距離ロス覚悟で馬場が悪い内目を避ける余裕すらあったからな。これで4戦無敗で皐月賞に駒を進めるワケだけど、個人的にはチューリップ賞を圧勝したラッキーライラックと同様、前哨戦は負けた方がイイ。本番でマークがキツくなるのは間違いないし、課題の気性面が多頭数で揉まれた時にどう影響するか。流れが速くなる分だけ折り合いはつきそうだが……?


ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
2018/03/04 第55回 弥生賞(G2)【ダノンプレミアム】

道中のペースが遅かった割に離れた2番手で折り合えたのが良かった
(案の定、残りの3強が自分から動くリスクを冒してまで、ダノンを潰しに行かなかったことも大きいが……)


自分が◎を打った馬を負けた方がイイとか文句つける矛盾はホドホドにして(苦笑)、●●●●●●●●●は中内田厩舎のジグソーパズル(!?)的に何としても勝ちたいところ。来週の阪神に牝馬限定戦の適鞍が組まれているけど、今回は色々あって(詳しくは多方面に配慮して色んな場所×3&最強R更新通知メール内フリーメッセージで限定公開)、あえて牡馬相手にぶつけるらしい。それでも仕上がり途上で弥生賞当日の日曜中山8R4歳上1000万下(牝馬限定ダ1800M)に無理使いしなかったのは好感が持てる。余計に1本追える分だけ太め残りの心配は無さそうだし、最高勝率トレーナーの手腕に期待だ!

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する