記録中

2/24(土)中山★Ror2/25(日)中山5Rコスモロブロイ
毎日ガン見している読者には説明不要。中山大好き(!?)BR軍団の勝負馬。広く直線が長い東京はノーザンFを筆頭とする社台グループ生産馬が力を入れている。しかし、良く言えば器用さが求められ、悪く言えば瞬発力に欠ける馬でも立ち回り次第でダマしが利く中山は、力が足りなくても上位に来られる競馬場だ。ディープインパクト産駒でもステイゴールドと同じ調教を施してジリ脚タイプにしてしまう(!?)、BR軍団にとっては絶好の舞台。まして●●●●●●は使いたがりの馬主が苦手の府中開催をパス(←ここがポイント)、中山開幕週の適鞍を目標に調整されているからな。自力先行の形でも好勝負だが十八番の組織戦に持ち込めば、社台グループの良血馬相手でも互角以上に渡り合えると見たぜ

2/25(日)中山6Rエフティアテナ
超マニアック中山ご当地馬主、吉野英子オーナーのワケアリ勝負馬。近年は基本的に2007年に新馬→OP特別→新潟2歳Sを3連勝したエフティマイア産駒のみを走らせている感じだけど、色んな場所その1で公開しているO・S馬の半兄エフティスパークル(父ハービンジャーの中山成績は【2-0-1-2】。着外2回も4着とゴール前で大接戦の僅差8着というコース巧者だ。その辺を考慮(!?)して中間はオーナー地元開催に組まれた牝馬限定戦を目標に調整されているし、休養前の中山で戦った連中は相当ハイレベルだからな。当時の2着馬を物差しにすれば好勝負と見ている。


ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
2016/12/10 中山12R 3歳上500万下【エフティスパークル】

半兄は中山芝1800Mで強い勝ち方。父がルーラーシップに替わっても中山向き?


しかし、これは独り言として聞き流してほしいが、大手オーナーブリーダーにとって現在の美浦トレセンは競走馬の調教施設としては不十分ってことだろう。暮れの中山以来の出走も外厩で乗り込まれ入厩10日で出走。エフティ●●●は430キロに満たない小柄な牝馬なので強い調教は必要ないとはいえ、実質的な時計は16(金)にダートで追われた1本のみだ(最終追いで少しはやると思うが……)。この続きは多方面に配慮して色んな場所×3&最強ランキング更新通知メール内フリーメッセージで限定公開で限定公開させてほしいけど、これじゃ自前の施設を所有している大手牧場と個人馬主の差は開く一方だぜ?(恐らくO・S馬はノーザンF預託生産馬)

2/25(日)阪神12Rメイショウギガース
4歳上1000万下(ダ1400M)に出走予定
200_13s_20171104102811ba6.jpgc_02.gif
超大物阪神ご当地馬主、松本好雄オーナーの勝負馬(大量)。O・S1、O・S2単行本でも詳しく取り上げたように、本業は兵庫県明石市に本社がある大型船舶エンジン製造会社きしろの代表なのは周知の事実だけど、元阪神馬主協会の会長で現在も要職に名を連ねる超重鎮だ。

……って話は毎日ガン見している読者には説明不要だけど(この積み重ねが重要なのよ……)、今週末のお膝元の阪神を中心に配当妙味が見込める穴馬が目白押し。そのなかでも俺が密かに狙っている1頭が日曜の阪神12R(ダ1400M)に出走を予定しているメイショウ●●●●。今回はこの馬のために(!?)、同じ1000万クラスに在籍するメイショウ馬を使い分け。それでもダート短距離のレース絶対数が足りず、最大メイショウ3頭使い&★★厩舎も馬主サイドの大人の事情により2頭出し。これは臭い。臭いぜ~

2/25(日)阪神10Rクリノリトミシュル
最初にハッキリ断っておくけど、本日の記事は下記のブログ参考動画(※1)にインスピレーションを受けてネタに走った(オイっ!!)。ただ、色んな場所その1で公開しているクリノガンダム……ではなく、●●●●●●●●●はスキーノルディック複合の渡部暁斗に勝るとも劣らない実力馬だ(脚質は真逆だけど)。この中間はオーナー地元開催の阪神開幕週に組まれた適鞍を目標に調整。しかも25(日)阪神★Rは先行タイプが揃い展開にも恵まれそうだからな。ここを勝てば牝馬ダート交流重賞も視野に入ってくるし、将来的にクリノスターオーの後釜として……?

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する