デイリー杯クイーンC

東京11R デイリー杯クイーンC
有力馬事前情報 事前情報ランク【M】

東京競馬場6日目11R
第53回
クイーンC
芝 1600m/GⅢ/3歳/牝馬/国際/別定


【事前情報ランクM】


日曜日に行なわれた共同通信杯と同じく、クイーンCも広くて紛れの少ない東京コースで行なわれる重賞ということで、年々出走馬のレベルが上がっており、トライアルではないものの、クラシック本番へ向けた重要性が増している。今年の出走馬も、パフォーマンス次第で桜花賞やオークスの有力馬に躍り出るだろう。
今年の牝馬路線は、阪神JF1着馬ラッキーライラックと2着馬リリーノーブルがチューリップ賞で激突するが、他の有力馬はアーモンドアイがシンザン記念から直行、プリモシーンもおそらくフェアリーSから直行、エルフィンSを勝ったレッドサクヤも直行、藤沢和雄厩舎に転厩して巻き返しを期すロックディスタウンはフラワーC、アンヴァルやモルトアレグロといった賞金上位馬はフィリーズレビューと、桜花賞に向かうローテーションが多岐に渡っている。このレースの有力馬からも「勝って賞金を加算して、トライアルは挟まず本番に向かいたい」という話が多く聞こえてきたが、果たして、桜花賞への道を切り開くのはどの馬となるか…?
そして、来週は早くも冬の東京最終週。その締め括りには今年最初の中央GⅠフェブラリーSが控えている。もちろん今年も勝負情報は続々と入電中。これからレースの時までに、どのような動きがあるか楽しみは尽きない。




1枠2番
フィニフティ
牝3/54.0kg 
川田将雅/藤原英昭
騎手厩舎連対率:66.7%
東京芝:未経験 
芝1600m:1-0-0-0 
最高タイム:1.36.7
《期待値55%》

全兄は同じ藤原英昭厩舎で管理されているステファノスという良血馬。今年の藤原英昭厩舎は3歳牝馬の手駒が豊富で、レッドサクヤ(エルフィンS勝ち→桜花賞直行予定)、シグナライズ(紅梅S4着→チューリップ賞予定)との使い分けでココに参戦という経緯があるが、自己条件やOPを連戦して賞金加算を目指したレッドサクヤやシグナライズと比べて、新馬勝ちの後はゆっくり休ませて重賞一発勝負のフィニフティ。厩舎はどちらに大物感を抱いているか、何となく想像は付くだろう。1戦1勝での重賞挑戦、しかも遠征競馬。取り巻く状況は厳しいが、関係者は本気でココ一発で桜花賞への道を切り開くつもりでいる。
そんな関係者の密かな期待を知ってか知らずか、川田騎手も厩舎からは「先々に向けての経験になれば」と控え目に頼まれたにもかかわらず、追い切りに乗って「コレは勝ち負けになりますよ」と色気十分だったとのこと。枠も絶好で、決して侮れない存在になる。


3枠6番
テトラドラクマ
牝3/54.0kg 
田辺裕信/小西一男
騎手厩舎連対率:18.8%
東京芝:1-1-0-0 
芝1600m:1-1-0-1 
最高タイム:1.33.9
《期待値60%》

前走のフェアリーSは1番人気に推されながら6着に負けてしまったが、陣営は「展開の厳しい競馬になったし、6着といっても大きく負けたわけではない。流れ次第で巻き返せる」と強気の姿勢を崩していない。今回は未勝利戦を圧勝するなど2戦2連対の東京に舞台を移して巻き返しを図る。
この中間はNF天栄に放牧に出して、2月1日に帰厩してレースに臨む、いわゆる十日競馬。実は、放牧に出した時にはもう少し後のレースを目指す予定だったが、疲れが抜けるのが早く動きも良かったため、ゆっくり待つ必要もないということで急遽クイーンCに使うことにしたそうだ。





5枠9番
アルーシャ
牝3/54.0kg 
ルメール/藤沢和雄
騎手厩舎連対率:52.4%
東京芝:0-1-0-0 
芝1600m:1-1-0-0 
最高タイム:1.36.1
《期待値65%》

未勝利を勝ち上がったばかりでまだ世間的な注目はそれほどでもないが、実はこの馬こそが今年の藤沢和雄厩舎で「牝馬のナンバーワン」と期待されている存在。デビュー前から関係者の間では「クラシックには間違いなく乗ってくるだろうね」と言われており、この中間も陣営は「1勝馬だが素質は絶対に見劣らない。桜花賞で走らせたい馬なので本気で勝ち負けを狙っている」と強気だ。
東京の新馬戦を負けて、中山で勝ち上がっているが、関係者は「この馬の持ち味が出るのは東京コース」と断言。「初戦は内で包まれて取りこぼしただけで、2戦目は中山マイルの大外枠から強引に能力だけで捻じ伏せたような内容。今なら広い東京コースの方が良い」とのことだ。





5枠10番
マウレア
牝3/54.0kg 
戸崎圭太/手塚貴久
騎手厩舎連対率:54.5%
東京芝:2-0-0-0 
芝1600m:2-0-1-0 
最高タイム:1.34.5
《期待値65%》

デビュー2戦目の赤松賞ではWORLDでもBランクスーパーショットの本命馬に推奨していたように、手塚貴久厩舎や近い情報筋の間では「間違いなくクラシック級の力がある」と盛り上がっていた存在。続く阪神JFでも3着に好走したように、能力の高さはもはや疑うべくもない。東京マイルも2戦2勝とベストの舞台だ。
今回はGⅠを走った後の年明け初戦となるが、賞金的にはただの2勝馬であり、本番までに賞金を加算できなければ桜花賞は抽選、それどころか除外の可能性もある。「本気でクラシックを狙える馬なので、本番までに何度もレースを使いたくない」と厩舎サイドが話すように、理想はココでしっかり賞金を積んでの桜花賞直行だろう。メンバーは揃ったが、それでも実績も実力もこの馬は一枚抜けている。力を出し切って青写真通りに本番へ向かいたい。


6枠12番
レッドベルローズ
牝3/54.0kg 
福永祐一/鹿戸雄一
騎手厩舎連対率:16.7%
東京芝:1-0-0-0 
芝1600m:1-0-1-0 
最高タイム:1.34.8
《期待値60%》

新馬勝ちからの休み明けで臨んだフェアリーSが大外強襲の3着。能力の高さは見せ付けたものの、賞金加算は叶わず今回はクイーンCに挑むこととなった。「美浦にいるとイライラしてくるので、出来るだけ牧場でゆったりさせる時間を長くさせることにした」という厩舎の方針で、前走後はNF天栄への放牧を挟んでおり、1月31日に帰厩したため追い切りは1本だけ。それでも「落ち着きがあるのが一番だし、状態も前走くらいをキープできていればそれでいい」と、仕上がりに関しては気にしていないようだ。東京替わりはプラスで、福永騎手が乗ってくれるのも好材料。願わくば勝って桜花賞への道を確実にしたいところだ。





7枠13番
ツヅミモン
牝3/54.0kg 
デムーロ/藤岡健一
騎手厩舎連対率:40.0%
東京芝:未経験 
芝1600m:1-1-0-0 
最高タイム:1.36.2
《期待値65%》

この世代はツヅミモン、リリーノーブル、そして1200mだが3連勝中のアンヴァルと、有力な3歳牝馬を3頭抱える藤岡健一厩舎。阪神JF2着のリリーノーブルも立派だが、ツヅミモンも「ジュエラーを彷彿とさせる素質の持ち主で、牡馬相手でも勝負になると思っているから」と、敢えてジュエラーと同じように新馬勝ちからシンザン記念にブツけて結果を出した馬。評価としては「リリーノーブルと双璧」とのことで、それなら今回も期待していいだろう。
「出して行っても掛からないし、併せるとしぶとい」と陣営が評するように、3歳牝馬らしからぬレースセンスの高さ、操縦性の良さが長所で、コース替わりへの不安はなし。新馬戦の際に輸送を経験しているのも強みになる。





7枠14番
オハナ
牝3/54.0kg 
石橋脩/堀宣行
騎手厩舎連対率:21.8%
東京芝:1-0-0-0 
芝1600m:2-0-0-0 
最高タイム:1.36.0
《期待値60%》

堀宣行厩舎というと、牡馬は毎年のようにクラシック戦線を賑わしており、日曜日もちょうどサトノソルタスが共同通信杯で2着に好走したばかりだが、調整のスタイルや入ってくる馬の関係なのか、なぜか牝馬は未完の大器で3歳シーズンを終えてしまうことが多い。昨年のハナレイムーンやルフォールが典型例で、なぜか「素質は間違いなく高いが、体質の弱さなどで詰めて使えず、結果的に厳しいローテでクラシックを目指すことになり、賞金加算に失敗して終わってしまう」というパターンが多いのだ。
そのハナレイムーンの全妹となるオハナ、この馬もまさに「小柄な上にカイ食いが悪く、まだ満足な調教が出来ない」ということで、果たして秘める素質を春の間に開花させられるかどうかがカギになってくる。ただ、この馬の場合は状態が整わずフェアリーSを回避することになり、1週後の菜の花賞に向かったことで2勝目を挙げられたのは大きな収穫。厩舎としても焦りすぎる必要がなくなり、今回のクイーンCも早々に「状態がちゃんと整わなければ使わない」と決め打つことが出来た。そして、先週末にようやくクイーンC参戦を決定。出ると決めたのなら、恥ずかしい状態ではないだろう。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する