W情報

東京5R・7R・8R・9R・10R・11R
東京5R・7R・8R・9R・10R・11R



5R
3歳未勝利 芝1400m


事前情報ランクC



期待値65%
奥村武 厩舎
6枠12番
ランウェイデビュー


昨年は出遅れや道中の不利など不運が続いて勝ち切れなかった奥村武厩舎ランウェイデビューだが、しっかり充電してきた明け3歳初戦のココで、改めて初勝利に手を掛ける。鞍上はルメール騎手の予定だったが、騎乗停止となったため2走前にコンビを組んだ石橋脩騎手に。この東京開催では、ノーザンFの采配によりルメール騎手は早くからノーザンFの有力馬でほとんどの予定が埋まっていた。この馬もルメール騎手は乗れなくなったとはいえ、"ルメール騎手が乗る予定だった"という事実だけでオーナーサイドの期待の高さと勝負度合を推察することが出来る。





7R
3歳500万下 ダ1400m


事前情報ランクC



期待値65%
牧田 厩舎
3枠6番
ユニオンローズ


牧田和弥厩舎ユニオンローズはダートなら上でもやれると陣営が期待する好素材。前走は3着だったが、あれは極端な不良馬場で前が止まらなかったもので悲観する結果ではなく、「立て直してかなり良くなっている。ダートの500万なら絶対に勝ち負けになる」と、調教師も担当のスタッフもかなり強気だったという。2走前の圧勝を思い返せば、今回は改めて注意する必要がある。




期待値65%
藤原英 厩舎
7枠13番
ミスターメロディ


前走は勝ち馬に蓋をされてしまい追い出しが遅れた分の2着。結果的には2戦連続で取りこぼす形となってしまった藤原英昭厩舎ミスターメロディだが、「前走は勝てなかったことだけが誤算でしたが、1200mや右回りに対応できたし、馬込みの中から差す形の競馬が出来たことも収穫。今後に向けての幅が広がった」と陣営に悲観はない。今回は走り慣れている左回りの東京を目標に、今度こそ結果を求めての遠征競馬。デキも良好で、普通なら勝ち負けの最有力候補になる。





8R
4歳上500万下 ダ1600m


事前情報ランクM



期待値65%
高木登 厩舎
5枠9番
キングズミッション


10ヶ月ぶりの復帰戦だった前走時にも厩舎周辺では「休み明けでも仕上がりはイイし、能力的には通用するよ」と密かに強気な話が持ち上がっていた高木登厩舎キングズミッション。結果は5着だったが、直線で捌くのに手間取るロスも響いたもので、このクラスでの上位争いの期待は十分に感じさせる内容だった。今回は一度実戦を使った効果でデキがさらに急上昇とのこと。「マイル戦の方がレースはしやすいし、今度こそ勝ち負けになると思いますよ」と、陣営のトーンは前走よりもさらに上向いていた。





9R 春菜賞
3歳500万下牝 芝1400m


事前情報ランクM



期待値65%
戸田 厩舎
2枠2番
ラソワドール


前走の菜の花賞は位置取りの差で3着に敗れたものの上がりは勝ち馬をも上回る最速の34秒3をマークし、能力のあるところを見せ付けた戸田博文厩舎ラソワドール。「1800mでは掛かっていましたが、マイル戦にしたのが正解でした。今回は1400mなのでさらにレースはしやすくなるし、トビが大きいので東京の直線が合いそうなタイプ。今度は突き抜けてもおかしくないですよ」と、陣営は前走以上の結果を見込んでいる。




期待値65%
古賀慎 厩舎
7枠12番
ミュージアムヒル


前走の赤松賞は後に阪神JFで3着に好走するマウレアにクビ差の2着。それどころか、直線半ばでフラついていたレッドサクヤに前をカットされる不利が無ければ差し切っていたのではないかという脚色だった。持ち味の活きない中山はパスして東京開催まで待ち、確勝を期しての1400m戦。鞍上は乗り替わる予定だったルメール騎手が騎乗停止になり、元々の主戦だった北村宏司騎手は既にファストライフの依頼を受けていたため石橋脩騎手になったが、やはり鞍上サイドも思わぬチャンスに「コレはキッチリ決めておきたい」と意気込んでいるという。





10R 箱根特別
4歳上1000万下 芝2400m


事前情報ランクC



期待値70%
木村 厩舎
2枠4番
コルコバード


この条件ならば1000万クラスでも通過点に出来る。木村哲也厩舎コルコバードのレース振りに注目だ。東京芝2400mでは現級2着を含む[2-2-0-0]と崩れ知らずで、ムーア騎手が乗った前走は2着に3馬身差、勝ち時計も2分25秒0という抜群の内容で完勝。「この中間は以前よりカイ食いが良くなって成長を感じられる」とのことで、クビ差2着だった昨年のこのレース以上の結果は期待していいだろう。




期待値65%
戸田 厩舎
5枠10番
サーレンブラント


戸田博文厩舎サーレンブラントは東京芝2400mで[2-0-2-1]という実績。未勝利と500万をこの条件で勝ち上がり、唯一5着だったのがGⅡ青葉賞。秋は1000万条件で2戦連続3着だった。過去[0-0-0-4]と全く合わない中山は避けてこの中間は休養に充てていたが、明け4歳だけに年を跨いでグンと成長しているという話。昨秋以上の結果を出せる可能性は低くないだろう。





11R 節分S
4歳上1600万下 芝1600m


事前情報ランクC



期待値65%
高野 厩舎
4枠7番
フィアーノロマーノ


今年は東京新聞杯前日のメインに組まれている芝マイルの節分Sだが、何と「東京新聞杯に出ても勝ち負けになる」と陣営が豪語していた国枝厩舎のプロディガルサンが抽選でただ1頭除外に。一旦はこれで一気に混戦ムードになるかと思われていたが、今度は西の情報筋から強烈なプッシュが入った。それが高野友和厩舎フィアーノロマーノだ。厩舎に近い関係者によると「ホントに具合が良いし、掴まってるだけで勝てる」と確勝に近い雰囲気のようで、最大の強敵が消えたココは信頼の一手か。





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する