W情報

京都5R・7R・9R・11R・12R
京都5R・7R・9R・11R・12R


5R
3歳未勝利牝 芝1800m外


事前情報ランクC



期待値65%
角居 厩舎
4枠4番
カンタービレ


牡馬相手に連続2着。この厩舎にあっても上位の評価を受けている1頭であり、「もう負けられない」とは厩舎サイドの総意。今回は牝馬限定戦ということもあり、余計にその思いは強まっているようだ。やや番組と乗り役の都合に合わせた使い方ではあるが、それでも「デキ落ちはありません」という話なら状態面の不安はないと見ていい。鞍上も最終追い切りに乗って状態は確認しており、ココは星勘定の鞍と位置付けているそうだ。





7R
4歳上500万下 ダ1800m


事前情報ランクM



期待値65%
斉藤崇 厩舎
2枠2番
タガノジーニアス


典型的な叩き良化型だけに、前走は厩舎サイドも「仕上がりはイイが、やっぱり一度使ってからだと思う」と控え目な話をしていたという裏話。それを考えれば3着は上出来と言える結果であり、型通り一度叩いた上積みが大きいという今回は、「キッチリ決めてもらいたい」とトーンが上がってきている。「ブリンカー着用の効果で行きっぷりが良くなったのは収穫。今回は外枠とスローのせいでそれが裏目に出たけど、レースはしやすくなっている」と、前走後のフルキチも確かな手応えを掴んだ様子。コレは前進あって後退ナシといったムードが漂う。




期待値65%
西園 厩舎
8枠13番
アンナペレンナ


長欠明けを2度叩いて勝ち鞍のある舞台へ。前走は厩舎サイドも狙いのヤリだったのだが、先行策から伸びずバテずの平凡な内容に終わる。これには厩舎サイドもガッカリだったそうで、「思ったほど良くなっていなかったかもしれない」と、肩を落として話すしかなかったそうだ。ただ、裏を返せばまだ上積みが見込めるということ。相変わらず息遣いが悪いままで、「そこが改善してくればもっと走れるんだけど」という話もあるが、それでも500万ならいつまでも取りこぼせない1頭であることは間違いない。





9R 梅花賞
3歳500万下 芝2400m外


事前情報ランクC



期待値65%
角居 厩舎
5枠5番
サトノワルキューレ


勝つには勝ったが、新馬戦はまだビッシリ仕上げていなかったという裏話。休養を挟んだ今回は、中間から初戦とは別馬のような息遣いの良さが評判になっており、「これはあと2つくらい上のランクの走りが見られそう」と、一部で盛り上がっている。ミルコも1週前の追い切りに乗って、好感触を掴んでいるという話。「勝って大きいところへ行きたい」と、コレはどんな走りを見せるか要注目。




期待値65%
友道 厩舎
7枠7番
エタリオウ


休み明けを叩いて状態はグンと上昇。2週続けて追い切りに乗った和田もデキの良さに満足しており、「コレは勝ち負け」と周辺関係者に吹き回っているそうだ。デビュー戦で乗った福永が「スタミナは相当ある。長距離戦に使っていけば楽しみな馬になる」と語っていたところからも、この距離延長は自信が持てる条件変更。デビュー2戦目からブリンカーを着用していたように、まだ気性面に繊細な面を残る(どうやら他馬を恐がる面があるらしい)馬ではあるが、それだけに少頭数とバラける外回りは大歓迎。





11R 北山S
4歳上1600万下 ダ1800m


事前情報ランクM



期待値65%
南井 厩舎
7枠8番
サトノプライム


元々、攻め馬の動きから「オープン級の素材」と周辺筋の間で評判になっていた馬。この馬に初勝利を届けた福永も「ポンポンいけるだけの器」と、一時はこだわって手綱を取り続けていたという逸話がある。
しかし、その素質開花を阻害しているのが深刻なゲート難。それもあって福永が手放したほどで、依然としてその不安が解消したとは言えないようだ。それでも、「フルキチはだいぶコツを掴んでくれたみたいだし、前走みたいに上手く出してくれるんじゃないか」と、厩舎サイドは着実に手応えを強めている様子。この連闘も前走時からある程度考えられていたらしく、「馬は痛んでいないし、問題ない」と状態を確認した上での出走。元値の高さを発揮できれば、ココでも見劣ることはない。




期待値60%
大橋 厩舎
3枠3番
マッシヴランナー


連闘後の中1週となるが、これも厩舎の狙いがあってのこと。いつもなら連闘すれば即休養入りがバターンの馬だが、「寒い時期があうタイプで、ココに来てグングン調子を上げている」と、このタイミングは逃せないと使ってきたそうだ。前走の内容も収穫大のものであり、実際、騎乗した池添はすぐに「次も乗せて欲しい」と厩舎に直談判してきたそうだ。この頭数でも人気薄での出走だろうが、話的にはとても見逃せるものではない。複穴で一考の余地アリ。





12R
4歳上1000万下 ダ1400m


事前情報ランクM



期待値65%
大根田 厩舎
1枠1番
ヴェンジェンス


2走前は揉まれる形が堪えて惨敗に終わったが、スムーズなら前走くらい走れて当然の馬。頭が高く、決して綺麗な走りをする馬ではないが、それでも秘めるモノはオープン級のそれ。まだまだ出世が見込める存在と考えていい。
今回は、幸への手替わりが強調材料。前走時、中京遠征と重なってしまい手綱を取ることができなかったわけだが、当時、「幸もだいぶ乗りたがっていた」という話が岩田サイドから入ってきており、それだけ惚れ込んでいる様子。2走前にヘグっているだけに、再び回ってきたこのチャンスをモノにしたいという思いは極めて強い。




期待値65%
岡田 厩舎
4枠8番
タガノカトレア


1番人気を裏切る大敗を喫した前走だが、実は、「中間に傷腫れがあって追い切りを1本しかできなかった。しかも、相手を見て1200mのココにしたという経緯も気になる」と、周辺筋の間では危険な話が出回っていた(馬券通の間では「完消しで良い」という話をする者も多かったほど)。あの敗戦は必然のものだったというわけだ。その後は一度放牧を挟んでココ。本数は少ないが、最終追い切りで馬なりながら自己ベストをマークするなど、体調は前走より間違いなくイイ。舞台もベストの京都ダ1400m。「渋化が残るようならさらにイイ。前走のようなことはない」と、これは巻き返しを要警戒の話。





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する