愛知杯

中京11R 愛知杯
有力馬事前情報 事前情報ランク【M】

中京競馬場1日目11R
第55回
愛知杯
芝 2000m/GⅢ/4歳上/牝馬/国際/ハンデ


【事前情報ランクM】


条件戦からの格上挑戦や、このレースで引退する実績馬が入り混じったレースであるが故、通常のハンデ戦以上に難解な愛知杯。今年は早くからサンタフェチーフが参戦を表明し、その能力を知るデムーロも遠征してきたが、そのサンタフェが痛恨の除外。これは日経新春杯でどんなレースを見せてくれるか注目したい。という訳で、注目馬が1頭いなくなってしまったが、50キロのメイズオブオナーから56キロのマキシマムドパリまでハンデ差は最大で6キロ、馬券的妙味は変わらずにかなり高い。そして、今回、馬券の肝となりそうなのは「前走の敗因が明確な馬」。前売りの時点でも全く人気がないだけに、当日のオッズが今から非常に楽しみだ。




1枠1番
ゲッカコウ
牝5/54.0kg 
丹内祐次/高橋義博
騎手厩舎連対率:33.3%
中京芝:未経験 
芝2000m:2-1-2-7 
最高タイム:1.59.6
《期待値60%》

夏の札幌から帰って来てから、ずっと厩舎にいて頑張って、弱小厩舎の稼ぎ頭。「本当に可愛い馬だし、シッカリと結果も出してくれます。前走は条件が揃ったとはいえ、強敵相手に良い競馬でした。体調は変わらず良いし、ハンデも54キロならば、今回のメンバーなら出番もあると思います。中京コースは初めてですが、適応能力が高いし、鞍上丹内騎手との相性も良いので、付け入る隙はあると思います」と好調でここも色気ありの様子。





2枠4番
リカビトス
牝4/51.0kg 
吉田隼人/奥村武
騎手厩舎連対率:22.2%
中京芝:未経験 
芝2000m:1-0-0-1 
最高タイム:2.01.9
《期待値60%》

3連勝で秋華賞に挑んだ前走、初モノづくしで、『さすがに甘くはないだろう』と覚悟はしていたが、輸送で大きく体を減らす事もなく、出遅れて、道悪馬場で大外を回るロスがありなからも最後はシッカリ伸びて来て10着。先々に繋がるレースはできたと言える。その後は休ませてこのレースを目標に調整。準オープン馬でも出走可能なのを早めにクラブ側に伝えて、日程は逆算して帰厩させたとの事。「前走のダメージも取れて、馬の状態はかなり良いです。ハンデ51キロならメンバー的にも十分太刀打ちできると思います」と陣営。体質の弱かった馬が、ココに来てだいぶ強化されたとの事で、一気に重賞制覇もありそうだ。






4枠7番
マキシマムドパリ
牝6/56.0kg 
藤岡佑介/松元茂樹
騎手厩舎連対率:31.3%
中京芝:1-0-0-2 
芝2000m:3-1-3-3 
最高タイム:1.57.1
《期待値65%》

2年前が4着、昨年は雪辱を晴らして1着。そして今年は連覇を狙って挑戦。前走の中日新聞杯でも牡馬相手に5着して、健在振りをアピールしていた。問題は56キロのハンデだが、5走前のマーメードSを勝ったのが55キロ、2走前のGⅠエリザベス女王杯が56キロで4着と好走。実績からは当然とも言える。「6歳になっても相変わらず繊細なところはありますが、若い時に比べたらカイバ食いが良くなったので、調教でも攻められるし、結果も伴って来ました。ここはベストの条件だし、他の馬との比較でハンデ56キロというのは楽ではないですが、崩れる事は考えられないですね」と陣営。切れ味がない上に背負っているだけに、何かに足もとをすくわれる可能性はないとは言えないが、持久戦となれば連覇のチャンスも十分だろう。






5枠9番
キンショーユキヒメ
牝5/53.0kg 
秋山真一郎/中村均
騎手厩舎連対率:11.1%
中京芝:2-0-0-1 
芝2000m:3-1-0-5 
最高タイム:1.59.5
《期待値60%》

ムーンライトハンデで強敵のラヴィエベールを敗ったので、2走前の府中牝馬でも色気を持っていた陣営。中団から流れに乗り、勝ち馬から0.5秒差の6着と上々の内容だった。◎ララベル本命で的中をお届けした前走のレディスクラシックは、初ダートという事で参考外。「やはりダートはダメでしたね。そんな気もしていたので、まあ仕方ない結果です」と全く悲観はない陣営。その後は放牧に出して疲れをとって調整。「中間の稽古の動きは抜群です。年齢を重ねて迫力が増してきた感じです。ハンデも53キロなら楽しみです」とココは仕切り直しの一戦。中京コースも2勝を挙げて適性も高い。ズブいところがある馬なので、本来はミルコや和田のように、力で押していくジョッキーがベストなので、フワっと乗る秋山騎手はどうかという声もあるが、条件の好転は間違いなく怖い一頭だ。






5枠10番
エテルナミノル
牝5/54.0kg 
四位洋文/本田優
騎手厩舎連対率:0.0%
中京芝:未経験 
芝2000m:未経験 
《期待値65%》

前走は周りの馬がゲートで暴れていたのに過敏に反応してしまい、一緒になって暴れて、結果ガツンと出遅れ。道中は外を通り、マクリ気味に進出する強引な競馬でも5着と掲示板は確保した。「前々の競馬で結果を出している和田騎手は、この馬に対して『切れないという』イメージがあり、早めの仕掛けをしましたが、今ならもう少しジックリと乗っても大丈夫だったかもしれません。この中間はゲートに縛りつけて入念に練習をしたので、今回は大丈夫だと思います。普通に出て、流れに乗れれば食い込む力は持っていますよ」と陣営。





6枠12番
クインズミラーグロ
牝6/54.0kg 
幸英明/和田正道
騎手厩舎連対率:100.0%
中京芝:0-0-1-1 
芝2000m:2-1-2-3 
最高タイム:1.57.6
《期待値65%》

前走は最内枠だったので、調教師から『逃げてくれ』の指示があり、注文通りに行ったが、デビュー以来一度も逃げたことはなく、馬も戸惑ってしまい力を出せずに惨敗。「ロスなく乗って着狙いという手もあったのですが、思い切って一発のチャンスに賭けました。その後はタフな馬場で競馬をしたので、放牧に出して疲れを取りリフレッシュさせました。このレースに向けて入念に乗り込んで、仕上がりは良いし、ハンデも昨年よりも1キロ増の54キロなら想定の範囲です。昨年の3着以上の手応えは感じていますよ」と陣営。前走は展開・馬場と全てがうまく行かずに14着も、牝馬同士のGⅢならば実績から大きく巻き返しても驚けない。まもなく定年を迎える厩舎にとっても、重賞制覇の貴重なチャンスとなりそうだ。






8枠18番
ワンブレスアウェイ
牝5/54.0kg 
津村明秀/古賀慎明
騎手厩舎連対率:0.0%
中京芝:未経験 
芝2000m:未経験 
《期待値60%》

2走前に出遅れたので、前走は練習をして臨んだが、隣の馬が煩くて、その馬のアオリを食らう形でまたもや出遅れて流れに乗れず。「スタートはまた遅かったですが、体は絞れていてだいぶ動けるようになっていました。直線でまともに追えていたら、もっと際どい勝負になっていたでしょう。その後はこのレースに向けて厩舎で調整しました。寒い時期なので、大きくは絞れていないかもしれませんが、稽古の気配は良く、馬は充実しています。流れひとつで重賞制覇のチャンスはあると思っています」と反撃ムードの陣営。




スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する