W情報

京都5R・7R・9R・10R・11R
京都5R・7R・9R・10R・11R







5R
3歳未勝利 芝1600m内


事前情報ランクC



期待値65%
角居 厩舎
3枠5番
カンタービレ


名門角居厩舎にあって、「今年の2歳牝馬はこの馬だろう」と言われているのがこの馬。デビュー戦は惜しくも2着と結果を出すことはできなかったが、一度使った効果でさらに上向いているという今回は、一言、負けられない一戦。「まだ上を目指せる馬。ココでモタつきたくない」という助手の言葉が全てを物語っていると言っていい。決して楽ではない相手関係ではあるが、ココは勝ちっぷりに注目と話す関係者は多い。




期待値65%
須貝尚 厩舎
4枠8番
クリノアリエル


ディープインパクト産駒ながら、非ノーザン系の個人馬主所有馬ということで地味な印象もあるが、騎乗した者の評価は揃って高い。2走続けて手綱を取っている川田も、この馬を高く評価している一人。「前走は勝ちに行った分だけ甘くなったが、未勝利はすぐに勝てる馬」と、3着敗戦となった前走後も全く評価を下げなかったという。
昨年のうちに仕える態勢にはあったが、無理せずジックリ年明けまで待機したというローテにも好感。脚質的に開幕馬場を味方に付けられる点も心強い。





7R
4歳上500万下 ダ1800m


事前情報ランクC



期待値65%
西園 厩舎
7枠13番
アンナペレンナ


先月頭に長期休養から復帰し、今回が叩き3戦目。「何よりどこも不安がなく使えることが大きい」とは担当者。着実に上積みもあるようで、状態はまさに右肩上がり。それに伴って着順もシッカリ上げてきており、「今回は現級勝ち馬の力を見せられますよ」と、陣営もかなり色気があるようだ。
その現級勝ちといえば、ちょうど昨年のこの時期。しかも、負かした相手といえば、現在はオープンまで勝っているオウケンワールド。その比較から、ココでは力が二枚は違う存在と見ることができる。




期待値60%
吉田 厩舎
5枠9番
キクノフェリックス


これは侮れない出戻り馬。スーパー未勝利を勝ちあぐねた後、厩舎がすぐに地方に出さず格上挑戦させたところからも、その期待度が分かるというもので、今回も「園田で連勝は既定路線。今回は前回の500万出走時とは違って、シッカリ造りました。好勝負になるはずですよ」と、何やら色気がある様子。
連闘で臨んだ3走前は、格下ゆえに使える番組を逃せないという苦しい事情がゆえの無理な連闘。あの一戦で力不足と見るのは早計というもの。騎乗する小牧も「中京で乗った時に500万でもヤレる馬だと感じた」と、今回の騎乗を楽しみにしている様子。転入一発目で馬券を嵌めようと馬券筋の間でも密かに盛り上がっているようだ。





9R 舞鶴特別
4歳上1000万下 ダ1800m


事前情報ランクC



期待値65%
中内田 厩舎
8枠13番
フォンターナリーリ


相手に恵まれた前走の勝利自体は取り立てて強調することではないが、川田に言わせれば「気性的にだいぶ大人になっている。これならどんな競馬でも対応できるでしょう」とのこと。以前は気難しい面があって、馬場や展開を選ぶところがあっただけに、この成長は大きな要素。ようやく高い資質を目一杯発揮できる心身のバランスが整ったと考えていい。
その前走後は、短期放牧を挟んでココを目標に調整。先月末から本数を乗って、年明けの1本で態勢は整ったと厩舎サイド。例年同様、年明け開催から勝ち星を量産する腹積もりであり、この馬もその勘定に入っているそうだ。




期待値60%
大橋 厩舎
1枠1番
タイセイパルサー


2走前が破格の強さだったことから、昇級即通用と多くの関係者も期待していた前走が全く見せ場もない大敗。「ゲートの駐立が悪くて出遅れてしまいました。この馬のスタイルで競馬ができなかった」とは鞍上の森だが、厩舎に言わせれば「元々、ムラな面がある馬。少しでもリズムが狂ってしまうと、ああいうことになる」と、強さと脆さを併せ持った馬という個性に変わりはないようだ。
その意味で、今回もゲートを決めて前々の競馬ができるかどうかに尽きる。休み明けでも仕上がりは悪くない。まともならこのクラスでも足りる力は秘めているだけに、全幅の信頼は置けずとも、そう軽くも扱えないところ。





10R 寿S
4歳上1600万下 芝2000m内


事前情報ランクC



期待値65%
高橋忠 厩舎
4枠4番
クリノヤマトノオー


菊花賞、サンタクロースSとともに、オーナーの都合で無理やり使ったという裏話。厩舎サイドとしては仕上がりに納得が行っていなかったらしく、そう高い勝負度合いではなかったという。それに対して、中1週で使える今回はそのムードが一変しているらしい。聞けば、「太目だった前走を叩いて確実に良くなった」とのこと。万全の態勢ではなかった前走でも強い2着。その能力は和田も「今年は重賞を獲れる」と認めるほどだけに、本領発揮が期待できる今回、強敵相手でも楽しみが勝る。




期待値65%
須貝尚 厩舎
7枠7番
トリオンフ


昨秋の走りから完全に本格化しているこの馬。厩舎サイドとしても「まさかココまで良くなる馬だとは思っていなかった」というのが正直なところらしいが、特にここ2戦の内容にはかなり満足しているようで、俄然、色気を持ち始めている様子。前走後は無理せずに休養を挟んで年明けのココまで待機。いかにもこの厩舎らしく、これでもかと攻め馬を積んでイキナリからの態勢は整っている(年明けの最終追い切りは絶好の動き!)。勝ってオープン入りを狙う一戦。





11R 万葉S
4歳上オープン 芝3000m外


事前情報ランクM



期待値65%
西園 厩舎
4枠4番
グランアルマダ


前走後に、石橋脩騎手が「ここまで難しい馬には乗ったことがありません」と苦笑いしたほどの超個性派。それだけに、戦法がかなり限定されるようで、今回も「とにかくハナにこだわる」と早い段階から調教師が明言している。ただ、まだ秘める力を持て余しているという見方もされているようで、まだ見限り早計と見る者も少なくはない。勝負所でズブさを見せる代わりに、並ばれてから渋太いタイプ。その意味で距離は延びれば延びるほどイイともいえる。叩き2戦目、斤量減も味方になる一戦。巻き返しがあってもいい。




期待値65%
南井 厩舎
5枠5番
タマモベストプレイ


札幌で使った後は、昨年からの連覇を狙ってココ目標に休養へ。しっかりと疲れをとってリフレッシュされ、万全の態勢を整えてきた。長距離戦での安定感は抜群であり、この条件への適性も証明済み。厩舎サイドもココはチャンスと見ているようで、早い段階から近しい関係者に「年明けはコレで勝てるから」と話していたそうだ。





スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する