W情報

京都5R・8R・9R・10R・12R
京都5R・8R・9R・10R・12R


5R
3歳未勝利 芝2200m外


事前情報ランクM



期待値65%
鈴木孝 厩舎
4枠4番
ノストラダムス


和田に言わせればかなり乗り難しい馬らしく、序盤でどうしても位置を取りに動けないとのこと。ただ、厩舎サイドに言わせれば「出た後も鞍上が折り合いを気にしすぎて、後ろでじっとしたままだもの……」と、その乗り方に不満があった様子。その意味で、和田が騎乗停止のため池添にスイッチすることを厩舎サイドはプラスと見ているようで、「池添も新馬戦に乗っていいイメージを持っているはず」と、感触のイイ話をしていたという。
ここ2戦が若干出遅れ気味だっただけに、今回も課題はやはりスタートということになるが、「この中間はゲート練習を入念にやってきたし、もう普通に出ると思う」と、助手は自信がある様子。好位~中団あたりという、厩舎の注文通りの競馬が叶いそうな今回、今度こその意気込みは強い。





8R
4歳上1000万下 ダ1900m


事前情報ランクC



期待値65%
松下 厩舎
4枠7番
モズアトラクション


ココに来て2連勝と完全に本格化。ともに展開が向いた面があったことは否定できないが、それでもエンジンが掛かってからの伸び脚は強烈そのもの。前走で騎乗したカツマも「コレは上のクラスでも通用しますよ」と大絶賛だったそうだ。その後も疲れは見られず調整は順調。「主場替わりでもヒケを取ることはありません」と、格下とは思えないほど陣営のトーンは高い。実際、3走前には2階級の格上挑戦で4着と見せ場を作っている。




期待値65%
角居 厩舎
6枠10番
サンオークランド


ユニコーンSは、他に適当な番組もなかったことで仕方なく使った一戦。戦前から「いくら東京でもマイルは忙しい」と、厩舎サイドの見方は実に冷ややかだった。序盤からレースの流れに乗れず、終いだけ目を引く脚を使ったそのレース振りは、陣営の見立て通りの距離適性と、能力の片鱗を見せるものだった。
その後、休養が思いのほか長引いたが、帰厩当初から年明け一発目に勝負を掛けると決めて調整されてきている。「このくらいの距離がベスト。浜中も手の内に入れている馬だし、成長した姿を見せてくれるはず」と、イキナリからトーンの高い話。





9R 福寿草特別
3歳500万下 芝2000m内


事前情報ランクC



期待値65%
鈴木孝 厩舎
4枠4番
カレンシリエージョ


先月中旬から追い切りを開始し、コースと坂路を併用して入念な乗り込みを消化。特にコースで見せる動きは迫力十分。年明けの最終追い切りでも古馬を追い駆け豪快に先着。「完璧に仕上がりました」と担当も胸を張る好態勢を整えてきた。夏の北海道シリーズでは、現地情報筋が揃ってその素質を絶賛した逸材。厩舎も入厩当初から「ウチのこの世代はこの馬が一番馬」と公言していたほどの馬。初の輸送競馬をどうこなすかだが、まともならアッサリ巻き返せるだけの資質とデキ。




期待値65%
宮本 厩舎
6枠6番
ドミナートゥス


昨年のうちに平場戦を使うプランもあったそうだが、疲れをとるのに時間が掛かったことで、万全の状態で走らせるのが難しいと予定が延びた経緯がある。しかし、その判断が奏功したようで、年末の段階で「これで大晦日に追い切れば態勢は整います」と担当が言い切るところまで回復したという。それだけ大事に使おうというほど先々まで期待の大きい馬だけに、ここで2勝目を挙げてクラシック路線に乗せるという意気込みは強い。





10R 初夢S
4歳上1600万下 ダ1900m


事前情報ランクM



期待値65%
飯田雄 厩舎
8枠9番
マイネルオフィール


ムーアを乗せて勝負態勢だった前走がまたもや2着。これには陣営も「どうも運がないなぁ」と嘆くばかりだったそうだが、それでもココに来て安定感を増しており、「もう崩れることはないでしょう」と、勝ち上がりは時間の問題と見ているようだ。この中間は、年明けに坂路を一本。「時計にならないところも乗っています。状態は維持で十分。距離が少しでも伸びるのは歓迎です」と、準備万端整えて、年明け一発目の勝利を狙っている。




期待値65%
寺島 厩舎
8枠10番
テルペリオン


これは今年の飛躍が期待されている1頭。元より、高橋忠厩舎から転厩してきた当初から、助手連中がこぞってその乗り味を絶賛し、調教師も「色々な可能性を感じさせてくれる馬」と話していたという逸話があるほど。加えて、3走前から騎乗している松若も「オープン、それ以上まで行ける馬です」と、すっかり惚れ込んでいるという。
前走は昇級の壁に跳ね返される格好の敗戦を喫したものの、「相手が揃っていたし、並の馬ならパッタリ止まってもおかしくない競馬。よく踏ん張ったしイイ経験になった」と、厩舎の評価は全く変わっていない。前走のレース振りを見た某関係者からは「坂のあるコースはあんまり良くない。平坦に替わればもっと粘れる」という見立ても出ており、その意味で京都替わりも大歓迎。





12R
4歳上1000万下 芝1200m内


事前情報ランクM



期待値60%
梅田智 厩舎
3枠6番
コロラトゥーレ


勝ち切るにはあとワンパンチ欲しいことは否めないが、これは岩田が「かなりイイ馬。このクラスは絶対に勝てる」と以前から話している馬。以前には、「何とかもう一度乗せて欲しい」とこの馬に乗るためにエージェントに騎乗馬調整を頼んだという裏話もあった。前走も敗れたとはいえ差は僅か。しかも、入厩10日で使った経緯があり、明らかに仕上がり途上でもあった。今回は、そんな休み明けを使われて「格段に良くなっている」とは手掛ける厩務員の話。「最近の岩田は乗れていないし、川須の方がマシなんじゃないか」と、厩舎サイドはテン乗りでもこの乗り替わりをプラスと捉えているようだ。




期待値60%
荒川 厩舎
6枠11番
ゴールドケープ


ここ2戦が連続二桁着順。しかし、「それで盲点になるようなら馬券!」と、一部の穴馬券筋が盛り上がっているらしい。聞けば、「この中間の気配がとにかくイイ。デキだけなら桜花賞当時と遜色ないレベル」と、ココに来てだいぶ状態が上がってきているというのである。振り返れば、前走も消極的な競馬からノーチャンスの大外ブン回し。あの競馬で0.5秒まで詰められるならば、このクラスでも通用の地力はある。そもそも、丸山がその手綱を離さないほど惚れ込んでいる馬でもある。





スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する