11/4

軸馬は誰が優秀かな?
某小氏 (勝率33%、複勝率50%)
某石氏 (勝率15%、複勝率46%)
【馬券に絡む馬】勝負馬◎ (勝率48%、複勝率77%)
【朝のオッズ2】勝負馬◎ (勝率47%、複勝率72%)
【推奨馬A】勝負馬◎ (勝率38%、複勝率66%)
《4F馬連》R的中率 70%、回収率88%
《7F馬連単》馬連的中率 50%、馬連回収率 80%、馬単回収率 73%







月間的中率と回収率(馬連)←好不調の参考に。
Masters(馬連的中0%、馬連回収0%)
東京2R
平場戦の達人『S氏』推奨
2歳未勝利 ダ1600m
※【0pt】で公開


◎ ⑧トーセンヴィータ (内田博騎手 古賀慎厩舎)

「この中間も順調で状態はスッカリ安定してきた。ここも崩れる事はないだろうし、この相手なら今度こその気持ち」とほぼ星勘定の古賀慎師。ハナ差競り負けた前走だが、一旦は差し返す渋太さを発揮。使いながら確実にレースぶりが良化。前々走が③着に5馬身、前走が6馬身差。馬場状態にも左右されないタイプで、コレはもう順番、相手探しの一戦。

「ムラっぽいけど前走で進境を見せた。集中して走れるようになってきたので前走以上を」という③コスモロブロイ、「前走は雨馬場で前が止まらなかったが、上がりはメンバー最速。再度同舞台でもう一列前で運べれば今度は圏内も十分」という⑥クニノオーシャンを相手本線に強調。



馬連

[本線]
3-8
6-8
4-8
[押さえ]
8-11
1-8
5-8
8-10


3連複 フォーメーション

1頭目) 8
2頭目) 3.6.4
3頭目) 3.6.4.11.1.5.10.7
組み合わせ数18点


3連単 フォーメーション

1着) 8
2着) 3.6.4.11.1
3着) 3.6.4.11.1.5.10.7

トップシークレット(馬連的中0%、馬連回収0%)
【東京3R】
⑥メールドグラース




10月9日スターリーウォリアの新馬戦5馬身差圧勝にはじまり、10月14日にはビップライブリーが白秋Sを快勝。10月21日のアイビーSでは、シャルルマーニュがハナ差2着に惜敗も、先週10月29日は、キタサンブラックが天皇賞[秋]を見事に制し、ヒシコスマーも新馬戦を快勝と、秋の東京開催で荒稼ぎしている清水久厩舎。今週の期待は【キャロットF】の勝負馬メールドグラース。実はこの馬、福永を確保し東京でのデビューを予定していたのだが痛恨の除外。そこで、仕方なしに阪神に再投票しデビューした経緯。レースでは鞍上が上手く御せず、まともに走ったのはラスト50mほどだった。「調教でも遊ぶようなところがあり、本格化はまだ先だが能力はかなりのもの。普通に力を出し切れば勝ち負けになる」と関係者。

相手には【サンデーR】の勝負馬コズミックフォースを強調。「出遅れてスローだったデビュー戦では力を出し切れなかった。使って状態は上がっているし、五分に出れば勝ち負け」と関係者。







馬連(1点)
04-06

3連複(5点)
04.06-02.07.08.09.11

3連単・軸2頭マルチ(30点)
軸馬:04.06
相手:02.07.08.09.11


Mr.サンタ(馬連的中0%、馬連回収0%)
福島1R


13:スリーチェイサー

スリーチェイサーの前走は離された②着だったが、京都の新馬戦で関東馬のワンツーという非常に珍しいケース。勝ち馬が別格だっただけで、自身も後続の関西馬には決定的な差をつけて能力を示していた。「いいスピードがあるし、坂路だけで仕上げた馬だから使った効果も大」と関係者。ちなみに、最初は「東京を使う」なんて話をしていた陣営に「アホか。絶対にローカル向だろ」と言って福島を使うよう仕向けたのは何を隠そうこの私。福島の千百五十なら普通にイイトコだろう。

【馬単】
13⇔3
13⇔9
13⇔11
13⇔14
13⇔4
13⇔6
13⇔15


【3連複】
1頭軸流し
軸=13
相手=3・9・11・14・4・6・15(21点)


【3連単】
フォーメーション
1着=13
2着=3・9・11・14・4
3着=3・9・11・14・4・6・15(30点)



東京3R


6:メールドグラース

もともと初戦も福永で中山を使う予定だったメールドグラース。ところが、除外の憂き目にあって阪神に再投票。陣営としては嫌々、荻野極で使うという誤算があった。「もともと調教でも遊ぶところがあり、競馬でもちゃんとハミを取ったのは最後の数十メートルだけ。やっぱりアンチャンはアンチャンだったということだね(笑)。当然、今度は何が何でもこの番組で福永を確保。ちゃんと能力どおりに動かしてくれれば、普通に結果はついてくるはずだよ」と厩舎関係者。まともならコズミックフォースとの一騎打ち。

【馬単】
6⇔4
6⇔11
6⇔9
6⇔2
6⇔8
6⇔12
6⇔3


【3連複】
1頭軸流し
軸=6
相手=4・11・9・2・8・12・3(21点)


【3連単】
2頭軸マルチ
軸=6⇔4
相手=11・9・2・8・12・3(36点)



福島4R


4:タガノアーバニティ

厩舎関係者が「どこを使っても何が出てきても負けへん!」と言えば、先週から復帰していきなり同タイム②着と健在ぶりをアピールしたクマちゃん(熊澤)も「これは決めなアカンな!」と。入障初戦の内容からも、ここはタガノアーバニティの相手探しでよさそうだ。一応、前走でこれと差がなかったメメニシコリが本線だが、穴で面白いのはシロクニ。どうやら去勢効果が大きいようで「今までゼロだった集中力が普通になっている」と。もともと飛びのセンスは絶賛されていた馬だけに、ガラリ一変があっても驚けない。

【馬単】
4⇔13
4⇔5
4⇔3
4⇔9
4⇔10
4⇔6
4⇔2


【3連複】
1頭軸流し
軸=4
相手=13・5・3・9・10・6・2(21点)


【3連単】
フォーメーション
1着=4
2着=13・5・3・9・10
3着=13・5・3・9・10・6・2(30点)


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する