7/15

軸馬は誰が優秀かな?
某小氏 (勝率0%、複勝率33%)
某石氏 (勝率20%、複勝率60%)
【馬券に絡む馬】勝負馬◎ (勝率52%、複勝率80%)
【朝のオッズ2】勝負馬◎ (勝率66%、複勝率91%)
【推奨馬A】勝負馬◎ (勝率50%、複勝率100%)
《4F馬連》R的中率 73%、回収率92%
《7F馬連単》馬連的中率 47%、馬連回収率 76%、馬単回収率 75%







月間的中率と回収率(馬連)←好不調の参考に。
Masters(馬連的中66%、馬連回収44%)
中京2R
平場戦の達人『S氏』推奨
3歳未勝利牝 ダ1800m
※【0pt】で公開


①タガノアニード(鮫島良騎手 角田厩舎)

休み明けの前走で②着と好走したが、休養前とはレースぶりが一変、前々で立ち回っていた。「立て直して馬がシャキッとしていたし、初めて着けたブリンカーも抜群に利いた。行きっぷりが良すぎて、ジョッキーも驚いていたよ」と前走を振り返る角田師。今回は「前走は良太も操作しきれずに隣りの馬に接触していたけど、慣れの見込める今度は大丈夫なはず」という見立て。鮫島良も「この頭数で、このメンバーなら今度こそ負けられません」と手応え十分。

「前走は再ブリンカーで集中して走っていた。この中間はゲートも入念に練習したし、発馬五分ならまとめて差し切ってイイ」という⑦ガーランドワルツが相手一番。この次に「再度モマれずスムーズなら上位争い」というサンマルガイアを警戒。


馬連

[本線]
1-7
1-4
1-8
[押さえ]
1-3
1-5
1-6


3連複フォーメーション

1頭目) 1
2頭目) 7.4.8
3頭目) 7.4.8.3.5.6.2.10
組み合わせ数18点


3連単フォーメーション

1着) 1
2着) 7.4.8.3
3着) 7.4.8.3.5.6.2.10

1着) 7
2着) 1
3着) 4.8.3.5.6.2.10

トップシークレット(馬連的中37%、馬連回収50%)
【福島1R】  ○8-9-14(1340)
⑧ニシノベースマン




今年のセレクトセールでは、グラッブユアコートの弟にあたる『グラッブユアハートの2017』を3200万円で落札した【西山茂行】オーナー。今週は土日合計で7頭の所有馬を出走させているが、その中でも関係者が大きな期待を寄せているのがニシノフラワーの孫ニシノベースマン。デビュー戦ではスタートひと息ながら直線で鋭い伸びを見せ2着に健闘。「テンションの高さとスタートが鍵になるが、母譲りの切れ味があるし、まともに走れば勝ち負けになる」と関係者。







馬連(7点)
08-14.12.04.09.15.06.13

3連複1頭軸流し(21点)
08-14.12.04.09.15.06.13

3連単フォーメーション(30点)
1着:08
2着:14.12.04.09.15
3着:14.12.04.09.15.06.13

3連単フォーメーション(18点)
1着:14.12.04
2着:08
3着:14.12.04.09.15.06.13


【函館1R】 ×
⑫アルレーサー




デビュー前から関係者が「新馬をキッチリ勝って函館2歳Sに向かいたい」と大きな期待を寄せていたのが【㈱エーティー】の勝負馬アルレーサー。その新馬戦で2着に敗れたことにより、函館2歳Sは諦めて「まずは確実に1つ勝たせよう」と、今回は確勝を期してのダート替わり。「砂を被る心配のない大外枠も引けたし、これなら捕まってるだけで勝てるだろう」と関係者。







馬連(7点)
12-04.11.02.01.07.09.08

3連複1頭軸流し(21点)
12-04.11.02.01.07.09.08

3連単フォーメーション(30点)
1着:12
2着:04.11.02.01.07
3着:04.11.02.01.07.09.08

3連単フォーメーション(18点)
1着:04.11.02
2着:12
3着:04.11.02.01.07.09.08


【福島2R】  ×
⑫ペラッチ




今年のセレクトセールでは『アステリオンの2016』を1700万円で落札した【荒牧政美】オーナー。今週は、2015年のセレクトセールで2808万円で落札したペラッチで未勝利脱出を目指す。前走では13人気の低評価をあざ笑うかのように2着に健闘。「去勢効果で漸くまともな競馬ができた。あれはフロックではないよ。叩いてデキは更に上昇しているし、距離短縮も大歓迎。スタートさえ気をつけてくれれば、今回も勝ち負けになる」と関係者。







馬連(7点)
12-07.13.03.05.09.08.10

3連複1頭軸流し(21点)
12-07.13.03.05.09.08.10

3連単フォーメーション(30点)
1着:12
2着:07.13.03.05.09
3着:07.13.03.05.09.08.10

3連単フォーメーション(18点)
1着:07.13.03
2着:12
3着:07.13.03.05.09.08.10



Mr.サンタ(馬連的中55%、馬連回収69%)
函館1R ×

昆のテキ(調教師)が「捕まってるだけで勝つやろ!」と吹いているのはそこまで鵜呑みにできないが、それでもここが「確実に1つ勝たせるためのダート」なのは紛れもない事実。願ってもない大外枠も引けたとなれば、ここはアルレーサーが中心で問題ないレース。現地の厩舎スタッフも「本当なら先週勝って函館2歳Sの予定だったけど、目一杯やったのが実質1本では甘くなかったということ(汗)。でも、能力があるのは間違いないし、使った上積みにも計り知れないものがあるからね。ひとまず函館2歳Sは諦めての連闘策。ここはキッチリ決めてもらわないと困るよ」とキッパリ。

【馬単】
12⇔1
12⇔11
12⇔9
12⇔2
12⇔3
12⇔7
12⇔4


【3連複】
1頭軸流し
軸=12
相手=1・11・9・2・3・7・4(21点)


【3連単】
フォーメーション
1着=12
2着=1・11・9・2・3
3着=1・11・9・2・3・7・4(30点)



福島6R ×

先週ココで推奨したフロリアヌスは⑤着だったが、結果的には小回りが向かなかっただけ。おそらく次の新潟で一変するので覚えておいて頂きたい。そして今週も同じ武藤厩舎の新馬からポフツカワを推奨する。「もともとセールの時から凄くイイ動きをしていた馬。入厩後も何の不安もなく順調にこれたし、とりあえず3キロ減なのでハナに行くつもりで乗ってもらう予定。でも、万が一出遅れた時のために後ろからの競馬も練習してあるから、どんな競馬になっても大丈夫。とにかく先週のヤツよりは間違いなく新馬向きだから、まずはコレで取り返してください」と厩舎関係者。いつも強気な調教師だけでなく、助手連中も絶賛しているのがいい。

【馬単】
9⇔2
9⇔12
9⇔10
9⇔8
9⇔13
9⇔3
9⇔7


【3連複】
1頭軸流し
軸=9
相手=2・12・10・8・13・3・7(21点)


【3連単】
2頭軸マルチ
軸=9⇔2
相手=12・10・8・13・3・7(36点)



中京7R ×

遅いデビューとなった5月の段階でも「遅れてきた大物の可能性がある」という話を聞いていたロードフェイム。⑥→③着と型どおりの上昇カーブを描いての3戦目。デムーロを得た今回はいよいよ勝ちに来た一戦とみて間違いない。陣営も「前走は直線で前が壁になり、追い出しが遅れたのがすべて。それでも大型馬らしく2戦目でガラッと変わったし、中間はまだ上積みの見込める動き。おそらく本当に本格化するのは秋以降だけど、今の段階でも未勝利レベルならアッサリ勝たないといけない馬。まともなら負けることはないと思うね」と自信満々。

【馬単】
8⇔12
8⇔15
8⇔3
8⇔13
8⇔7
8⇔11
8⇔5


【3連複】
1頭軸流し
軸=8
相手=12・15・3・13・7・11・5(21点)


【3連単】
フォーメーション
1着=8
2着=12・15・3・13・7
3着=12・15・3・13・7・11・5(30点)
スポンサーサイト
コメント
Page Top ▲
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する