W情報

6月24日(土曜日)
小島太厩舎・高野厩舎
東京5R・7R・8R・10R・11R
6月24日(土曜日)
小島太厩舎・高野厩舎





小島太 厩舎

只今2週連続で勝利して今年9勝。今週で3週連続にして、今年二桁勝利に乗せたいところでしょう。





東京4R

[B]インペリアルフィズ



ブリンカー着用で距離延長の前走、6着だったが勝ち馬との着差は0.3秒、後方で直線も外を回った事を考えると内容は悪くなかった。「馬具を工夫した効果で最後まで集中力が続きました。距離も2回目になるし、前々で流れに乗れれば食い込むチャンスも出て来ると思います」と俄然色気が出て来た陣営。厩舎縁の良血馬だけに何とかしたい気持ちはある。







東京11R 夏至S

[B]メガオパールカフェ



前走は、『前走は除外の影響があったかもしれない。コース得意でハマれば上位も十分』との事だったが外を回るロスもあり10着。「この中間は馬に張りが出て良くなっています。ワンターンの1600mはこの馬にピッタリだし、ハンデ戦だと好走する傾向です。なので今回の53キロの軽量も魅力。噛み合えば上位への食い込みもあるかもしれません」と密かに期待を持っている。







東京12R

[C]サンマルバロン



休み明けを叩いて良くなっていた前走、相変わらず出遅れたが終いマズマズの伸び脚を見せた。ただ、今回は未勝利戦以来の芝のレース。本当はダートに使いたいが、出走が叶わないので仕方なくの感が強い。







東京12R

[C]メンデンホール



6ヶ月ぶりの競馬。「休養が長引いてしまい、仕上がりは一息です。まだ体が立派で息の入りも良くありません。ただ、その効果で以前よりは成長しているのでひと叩きして、次の新潟あたりで面白いかもしれません」と陣営。久々の今回は見送りだが、叩いた前走は少し注目できるようになるかもしれない。







函館3R

[B]メイショウユーコン



休み明けを叩きつつ確実に上昇のムード。「中2週が続いた後で長距離輸送をしましたが、落ち着きがあり順調です。決め手がないので勝ち切れないですが、今回はメンバー的に恵まれたので馬券圏内も十分ありえると思います」と陣営。







函館10R 湯川特別

[C]メイショウアンカー



2ヶ月ぶりだが美浦から乗り込み仕上がり上々。「5走前にココで未勝利を勝ったので、函館に連れて来ました。500万に昇級してからサッパリなのですが、コース適性で少しでも良さを見せて欲しいですね」と陣営は前向きだが、今の函館の馬場も合いそうになく苦戦を覚悟か。







高野友和 厩舎

春のクラシックを盛り上げてくれたファンディーナ。只今休養中ですが、秋は牝馬路線を歩むとの事です。





東京11R 夏至S

[C]ロードフォワード




軽ハンデに恵まれてロスなく運べても現状では掲示板が精一杯。「前走後も順調だし、東京コースに替わるのも問題ありません。ただ、もう6歳で急激な上積みはないし、今回も54キロのハンデで掲示板を確保できれば御の字です」と陣営。準オープンの特別戦で、コンスタントに出走できて、掲示板に確保してくれればそれ以上は望まないという雰囲気だった。







阪神6R

[B]インヘリットデール




経験馬相手に2着した初戦の後に、すぐに勝てそう手応えだったが、決め手がなく上位には来るが勝ち切れない。「まだビシビシと攻められないので能力だけで走っているところがあります。それでも今の未勝利なら力は上なので、流れひとつでしょう」と陣営。勝ち切れないまでも上位には確実に顔を出せそうだ。





阪神8R

[A]ラレータ




スタートで躓くロスがあり、予定していた先行策を取れなかった前走。加えて、道中は外々を回らされてしまい、4角では6頭分くらい外を回す相当なコースロスまで。「さすがにアレじゃどうしようもない」とは厩舎サイドであり、鞍上も引き上げてくるなり頭を下げていたそうだ。

それでも、人気馬、降級馬を相手にあの競馬で差のない4着なら及第点以上の評価は可能。「古馬相手でもヤレるメドが立ちました。次はデキももっと良くなります」と、助手も好感触を掴んだという。雨の影響で時計の掛かった最終追い切りに関しても「動きはシッカリ。問題ない」とキッパリ。某スタッフからは「期待してみていて欲しい」というプッシュも入ってきている。







阪神9R 京橋特別

[B]レプランシュ




オープンから2階級の降級。最近の成績が冴えないが、きさらぎ賞であのサトノダイヤモンドの2着という実績がある。「力はあるのですが、ゲート遅いのがネックです。スローの上がりの瞬発力勝負になると厳しいし、、コーナーが4つあるコースというのも始めてなので、勝ち負けまではどうでしょうか。まずはキッカケを掴んで欲しいですね」と降級も控えめだった。







函館4R

[A]レッドラフィーネ




ひと叩きして期待していた前走だったが、直線で捌き損なって詰まって競馬にならず、不完全燃焼の一戦になってしまった。連闘になるが、「先週使う時から、『距離は2600mの方が良い』との声があったので、この連闘はプラスになると思います。直線でバラけて、スムーズな競馬ができれば、巻き返す力はあります」と反撃ムード。







函館7R

[B]マカレア




400キロソコソコの小柄な牝馬なので、当日輸送がない滞在競馬になるのはプラス。「函館入厩後も落ち着きがあり雰囲気が良いです。先週の様に高速馬場になるとその対応はカギですが、条件が変わって良い面が出る可能性があってもおかしくないと思います」と色気あり陣営。








函館8R

[A]ジングルベルロック




5ヵ月半の休み明けだが仕上がり良好。前走が初のダートで3着と好走。「前に行けるスピードを見せたので、1000mに替わるのは良い方に出ると思います。格上馬に遅れましたが、調教の動きは良かったですからね」と陣営。調教班の間で密かに盛り上がっているらしい。余談だがお姉さんがフランスの2冠馬アヴニールセルタン、その妹はローカルの小回りのダートで狙うというのは笑えるとの事だった。




東京5R・7R・8R・10R・11R


5R
2歳新馬 芝1600m


事前情報ランクM



期待値60%
藤沢和 厩舎
2枠3番
レッドガーランド


スーパームーン、グラッツィアと山本英俊オーナーが所有している活躍馬を兄に持つ、藤沢和雄厩舎お馴染みの良血馬レッドガーランドが6月東京で初陣。最近の産駒は山本氏が経営する「レッド」の東京ホースレーシングで募集されているが、半兄レッドアルソード、レッドカイラスは素質の高さを期待されながらデビュー前に順調さを欠いた分で活躍できていない。それに対して今年のレッドガーランドは育成段階から極めて順調で、今週デビュー。「気性の幼いところはあるけど動きや雰囲気は水準以上。初戦から結果を出したいですね」と関係者の期待は大きい。




期待値60%
古賀慎 厩舎
7枠14番
ミュージアムヒル


兄に現OPのアルターがいる、古賀慎明厩舎縁の良血馬ミュージアムヒル。他馬の陣営からも「このレースは古賀慎明厩舎のが手強いと思うよ」という声が漏れるほどトレセンに入ってからの動きが良く、厩舎サイドも「デビュー戦からいい競馬ができると思います」と力強く語っていたそうだ。唯一心配があるとすれば2週前追い切りで抜群の動きを見せた反動か疲れが出てしまい、1週前の調整を軽めにとどめた点。その点の僅かな予定の狂いが影響してくるか否か。





7R
3歳上500万下牝 ダ1600m


事前情報ランクM



期待値65%
加藤征 厩舎
5枠9番
サクレディーヴァ


今回は降級戦、そして距離も陣営がベストと見込む1600mに替わる加藤征弘厩舎サクレディーヴァ、この一戦で一変の走りを見せるはずだ。関西の村山明厩舎にいた頃は芝のレースにこだわっていたが、この春に加藤征弘厩舎へ転厩すると、一発目からダートに替えて快勝。今回はその時手綱を取った横山典弘騎手との再コンビで2度目の500万クラス突破を狙っている。「追い切りの動きが抜群だった。やはりこのクラスなら力が上」と陣営はかなり強気で、大敗明けでも十分中心に推せる1頭。




期待値65%
堀井 厩舎
8枠16番
モリトシラユリ


5月は意欲の連闘策が実らず2勝目を挙げられなかった堀井雅広厩舎モリトシラユリ。それでも関係者曰く「2走前はかなりの高速決着になり、勝ち馬はその後関東オークス2着と結果的に相手も悪かった。前走も無駄に外を回るチグハグな競馬で、よくあんな競馬で掲示板を確保できたなという感じ。勝てなかったけど能力があることは改めて分かったし、古馬相手でも不安はないですよ」と、この馬への信頼は揺らいでいない様子。スムーズな競馬が出来れば前進濃厚。





8R 東京ジャンプS
3歳上オープン 芝3110m


事前情報ランクC



期待値65%
松元 厩舎
6枠6番
グッドスカイ


「春の目標はココと決めて調整してきた」と陣営が気合十分のグッドスカイに重賞制覇の好機。「左回りで実績を残しているので東京が良いと思い、休み明けの前走はココへの叩き台のつもりでローテを組んだ」との話で、プラス12キロで3着止まりだった前走のOP戦は気にしなくていい。「目標はココ」との言葉通り、この中間は意欲的な調教をこなして雰囲気は絶好。このメンバーなら十分勝ち負けになる。





10R 八ヶ岳特別
3歳上1000万下 芝1800m


事前情報ランクC



期待値65%
奥村武 厩舎
3枠3番
リカビトス


デビューから2戦2勝の奥村武厩舎リカビトス。体質が弱く成長途上、それで順調にレースを使えず春のクラシックには無縁だったが、秘める能力はかなりのモノ。今回も間隔を取って調整して十分走れる態勢にあり、「まだ本格化は先だが、ようやく背中もパンとしてきたしトラブルも少なくなってきた」と厩舎も前走までより前向きなトーンになっている。初の古馬相手で降級馬もいるが、51キロのハンデならアッサリ突破してしまっても不思議ではない。




期待値65%
木村 厩舎
6枠6番
ベストリゾート


以前から乗ったジョッキーなどから「小回りだとモタつくし、レース運びが難しい。モロに東京向きのタイプ」などと言われていた木村哲也厩舎ベストリゾートの前走は、ある意味想定通りの変わり身。これで東京コースは2戦2勝となり、今回も同じ東京1800m。「このコースで53キロなら古馬相手でも太刀打ちできる」と、関係者は引き続き勝ち負けを見込んでいるようだ。ホープフルSではレイデオロの4着に健闘するなど能力の高さは早くから披露しており、今週の追い切りも抜群の内容。期待していいだろう。





11R 夏至S
3歳上1600万下 ダ1600m


事前情報ランクC



期待値65%
久保田 厩舎
2枠4番
シュナウザー


デビューから7戦して[4-2-1-0]、こと東京マイルに限れば[3-2-0-0]と全く底を見せていない久保田貴士厩舎の大器シュナウザー。WORLDにとっても前走、前々走と本命公開して的中馬券をお届けしているお馴染みの1頭だが、準OPへの昇級となる今回も関係者の間では連勝ムードが漂っている。「前走が楽な勝ち方だったので反動は無く、引き続き一連のデキをキープ。あの内容ならこのクラスでも余裕で通用するし、調子の良い間に勝ち星を増やしていきたいですね」と陣営は強気。当然今回も引き続き注目必至。




期待値65%
藤沢和 厩舎
5枠10番
レッドゲルニカ


58キロのトップハンデに加え、不得手な良馬場、そして3歳時に結果の出なかった1600mへの再延長。降級で能力的には最上位の存在ながら、藤沢和雄厩舎レッドゲルニカを取り巻く条件は楽ではない。それでも陣営としては「将来的に大きい舞台で勝負するなら1600mまでは対応できないといけない」との思いで敢えてこの番組を選んでおり、馬場や斤量に関しても同じこと。準OP程度は悪条件を撥ね返して勝つくらいでないと、上では戦えないということだ。状態面に関しては「前走と比べると硬さが取れて確実に上向き」とのことで、今後に繋がる結果を望みたい。





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する