6/24

軸馬は誰が優秀かな?
某小氏 (勝率42%、複勝率42%)
某石氏 (勝率33%、複勝率50%)
【馬券に絡む馬】勝負馬◎ (勝率55%、複勝率74%)
【朝のオッズ2】勝負馬◎ (勝率44%、複勝率77%)
【推奨馬A】勝負馬◎ (勝率42%、複勝率57%)
《4F馬連》R的中率 47%、回収率56%
《7F馬連単》馬連的中率 46%、馬連回収率 78%、馬単回収率 65%







月間的中率と回収率(馬連)←好不調の参考に。
Masters(馬連的中25%、馬連回収18%)
阪神3R ×
ココが勝ち上がりのチャンス!
3歳未勝利 ダ1400m


[13]クリノキング(酒井学騎手 湯窪厩舎)

リフレッシュ放牧を挟んだ効果でガラリ一変。ココ2戦続けて上位争いを演じた[13]クリノキング。特に前走は外枠各馬が上位を独占した中、唯一、内目の枠から勝ち負けに加わる好内容。もう未勝利は順番待ちのところまできていると言っていいだろう。

「休み明けだった2走前の好走にはコッチもビックリしたけど(笑)、前走も続けて好走してくれたからね。もう本物だろう。この中間も変わりなくきているので、今回は決めてほしいね」と厩舎関係者。

前2走とも芝スタートの部分で行き脚がつかず、道中でポジションを押し上げていく競馬だったことを考えれば、スタート後に包まれる心配が少ないこの外枠替わりもむしろ歓迎。ココが勝ち上がりのチャンス。

"デキ万全!コース替わりも絶好という◎から公開中!
≫的中率8割以上の【特推薦レース】は函館3R≪


馬連

[本線]
2-13
5-13
3-13
[押さえ]
9-13
11-13
13-15

3連複フォーメーション

1頭目) 13
2頭目) 2.5.3
3頭目) 2.5.3.9.11.15.1
組み合わせ数15点


3連単フォーメーション

1着) 13
2着) 2.5.3.9
3着) 2.5.3.9.11.15.1

1着) 2.5
2着) 13
3着) 2.5.3.9.11.15.1

トップシークレット(馬連的中37%、馬連回収40%)
【阪神6R】 ×
⑥モズアスコット




春の阪神開催も今週で終了。次は9月まで開催がないだけに、阪神開催には勝利を義務づけられた『地元馬主絡みの勝負馬』が多数スタンバイしている。先週日曜の阪神7Rでは、阪神ご当地馬主の重鎮【松本好雄】オーナーの勝負馬メイショウジークから【3万7530円的中】をお届けしたが、土曜のオススメは阪神ご当地馬主【キャピタル・システム】の勝負馬モズアスコット。初戦は既走馬相手に4着と、一見マズマズのように思えるが「スタート直後に狭くなって引いてしまったのが痛かった。アレで最後方まで下がってしまったからね」と関係者。中1週での出走になるが、今週の坂路では叩かれた上積みを感じさせる動きを披露。「外国産馬で出られるレースが限られており、前回は仕方なしに二千を使った面もあった。距離短縮はプラスだし、今回はキッチリ差し切ってくれるでしょう」と関係者。







馬連(7点)
06-04.17.09.02.14.13.05

3連複1頭軸流し(21点)
06-04.17.09.02.14.13.05

3連単フォーメーション(30点)
1着:06
2着:04.17.09.02.14
3着:04.17.09.02.14.13.05

3連単フォーメーション(18点)
1着:04.17.09
2着:06
3着:04.17.09.02.14.13.05


Mr.サンタ(馬連的中54%、馬連回収212%)
阪神3R ×

ザビッグの前走は2ヶ月ぶりの実戦に加え、不利と言われる阪神ダート千四の大外枠。先団壊滅の超ハイペースを深追いしながら、前の組で唯一掲示板に踏ん張った内容は極めて濃かったといっていい。陣営も「さすがに前走はやりすぎ(笑)。でも、能力の高さは示したし、松若が騎乗停止になったので今回は2015年に1度あるだけのデムーロに勝負の依頼をかけた。馬は相変わらずうるさいけど、仕上げは目イチ。当然『思い切りヤッてくれ!』と伝えてあるよ」とキッパリ。

【馬単】
5⇔9
5⇔3
5⇔11
5⇔13
5⇔2
5⇔15
5⇔12


【3連複】
1頭軸流し
軸=5
相手=9・3・11・13・2・15・12(21点)


【3連単】
2頭軸マルチ
軸=5⇔9
相手=3・11・13・2・15・12(36点)



阪神6R ×

モズアスコットは経験馬相手の初戦でアタマ、クビ、ハナの同タイム④着。最後方から大外を回すという大味な競馬にもかかわらず、最後は上がり最速で飛んできたのだから能力が高い。「スタート後に狭くなったらスッと引いてしまったように、前走はジョッキーが様子見で乗った感じ。でも、能力を感じ取った今回はちゃんと積極的に乗って勝ちに行く競馬をしてくれるはず。距離も二千よりは千八の方がいいので、叩いた上積み込みで期待大だね」と厩舎関係者。武豊のJRA通算3900勝はコレで。 

【馬単】
6⇔17
6⇔2
6⇔9
6⇔14
6⇔5
6⇔4
6⇔8


【3連複】
1頭軸流し
軸=6
相手=17・2・9・14・5・4・8(21点)


【3連単】
フォーメーション
1着=6
2着=17・2・9・14・5
3着=17・2・9・14・5・4・8(30点)



東京6R ×

初ダートの前走で0秒2差。ダートも鞍上も2度目なら、パーティーピーポーが前進あるのみだろう。「前走は差し、追い込み勢に流れが向いたとはいえ、最内の窮屈なところから直線は捌き捌きの競馬だった。最後はやや脚を余した感じもあったから、内容としてはまさに激変レベルといっていいね。当然、戸崎も手応えを感じたからこその連続騎乗。外めの枠が希望だったので、これくらいの枠なら何とかなると思うよ」と厩舎サイド。敢えての中1週で勝ちに行く一戦。

【馬単】
11⇔9
11⇔13
11⇔8
11⇔4
11⇔16
11⇔14
11⇔15


【3連複】
1頭軸流し
軸=11
相手=9・13・8・4・16・14・15(21点)


【3連単】
2頭軸マルチ
軸=11⇔9
相手=13・8・4・16・14・15(36点)


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する