4/22

軸馬は誰が優秀かな?
某小氏 (勝率22%、複勝率50%)
某石氏 (勝率23%、複勝率38%)
【馬券に絡む馬】勝負馬◎ (勝率55%、複勝率76%)
【朝のオッズ2】勝負馬◎ (勝率77%、複勝率88%)
【推奨馬A】勝負馬◎ (勝率66%、複勝率77%)
《4F馬連》R的中率 66%、回収率80%
《7F馬連単》馬連的中率 48%、馬連回収率 76%、馬単回収率 70%







月間的中率と回収率(馬連)←好不調の参考に。
Masters(馬連的中50%、馬連回収39%)
東京2R ×15
今週はまずコレで1勝!
3歳未勝利 ダ1300m


[15]エンセラダス(蛯名騎手 手塚厩舎)

2週前に約2ヶ月ぶりに勝ち星をあげ、103連敗という長いトンネルを抜けた蛯名。その後はホワイトフーガで交流重賞マリーンC勝ち、先週は2勝とようやくリズムが戻ってきた様子。今週も土日で16鞍騎乗、勝ち負けになりそうな有力馬が多数揃っている。

まずはこの[15]エンセラダス。「今週の坂路が51秒3の好時計で併せた相手をぶっ千切ったからね。状態面に関しては申し分ない。スタートさえまともなら負けないと思うよ」と手塚師が自信満々。51秒3はコレまでの自己ベストを1.6秒も更新するもので、相手も攻め駆けするライバーバードだったのだから額面通りに評価していいだろう。

ココは強敵も「芝スタートの中山で出脚がつかなかったから、ダートスタートのこの条件替わりはプラス。終いはいつもシッカリ伸びてくれるから好勝負になると思うよ」という[9]エニグマくらい。まず勝ち負けと見る。

≫ 的中率8割以上の【特推薦レース】はコチラ!≪


馬連

[本線]
9-15
15-16
13-15
[押さえ]
1-15
10-15
12-15

3連複フォーメーション

1着) 15
2着) 9.16.13
3着) 9.16.13.1.10.12.4.2
組み合わせ数18点


3連単フォーメーション

1着) 15
2着) 9.16.13.1
3着) 9.16.13.1.10.12.4.2

1着) 9
2着) 15
3着) 16.13.1.10.12.4.2

トップシークレット(馬連的中33%、馬連回収32%)
【福島1R】  ○7-11-12(710)
⑦ノリノリコユキ

春の福島開催は今週がラストウィーク。これが終わると7月まで開催がないだけに、今週の福島開催には、勝利を義務づけられて出走する福島ご当地馬主の勝負馬が複数スタンバイしている。

福島ご当地馬主【大久保和夫】オーナーの勝負馬ノリノリコユキもそんな馬の1頭。体が10キロ絞れた2走前に2着と、デビュー3戦目にして初めて連対を果たすと、前走では時計勝負にもキッチリ対応して再び2着に好走と、未勝利突破にメドを立てた。

実は今回、「次は福島の1150m戦を使いませんか?」という戸崎の進言もあってココへ出走。その経緯を考えれば、鞍上にとってもココは取りこぼせない一戦となる。


馬連(7点)

07-04.03.11.05.12.10.09

3連複1頭軸流し(21点)

07-04.03.11.05.12.10.09

3連単フォーメーション(30点)

1着:07
2着:04.03.11.05.12
3着:04.03.11.05.12.10.09

3連単フォーメーション(18点)

1着:04.03.11
2着:07
3着:04.03.11.05.12.10.09

Mr.サンタ(馬連的中55%、馬連回収92%)
東京2R ×15

2走前がハナ差の惜敗で、前走は勝ち馬に別格の競馬をされただけ。自身、同じ週の他の番組(ダート千二3鞍)なら勝てていた時計で走っているエンセラダスは、ハッキリ順番待ちの状態に入っている。陣営も「今はホントに体調が良く、今週の追い切りもビックリするぐらいイイ動き。前走だって勝ったのが強かっただけで、この馬も11秒台で駆けているからね。千三という距離もちょうどいいので、あとはテン乗りでのゲートだけ。まぁ、普通に回ってくれば勝てると思うよ」と余裕の構え。

【馬単】
15⇔9
15⇔3
15⇔10
15⇔16
15⇔1
15⇔13
15⇔11


【3連複】
1頭軸流し
軸=15
相手=9・3・10・16・1・13・11(21点)


【3連単】
フォーメーション
1着=15
2着=9・3・10・16・1
3着=9・3・10・16・1・13・11(30点)



福島3R ×

初ダートの前々走は出遅れと道中の不利が祟って案外だったが、スムーズに運んだ前走はアワヤのマクリでガラリ一変の③着。ここは攻め馬を強化して勝ちに来たカガヒーローが中心でいい。「どうしてもテンが遅いので不器用なレースぶりになってしまうけど、途中からでも動いていけた前走は次につながる好内容だった。馬も一戦ごと余分な肉が取れて良くなっているし、今回は小回りならマクリ切れると判断しての福島遠征だからね」と関係者。ここはキッチリ決めにかかる一戦。

【馬単】
12⇔13
12⇔10
12⇔7
12⇔8
12⇔1
12⇔4
12⇔2


【3連複】
1頭軸流し
軸=12
相手=13・10・7・8・1・4・2(21点)


【3連単】
フォーメーション
1着=12
2着=13・10・7・8・1
3着=13・10・7・8・1・4・2(30点)



京都6R ×

ゼンノワスレガタミは年明けの前走で3連複3万6000円、馬単3550円の的中に貢献してくれたドル箱ホース。同日の2つ後に行われた500万を0秒3上回った勝ち時計からも、昇級の壁など一切ないとみてもう一丁を狙い撃つ。厩舎サイドも「上(ゼンノタヂカラオ)は淡白な気性で勝負弱いけど、この馬はガッツがあって勝負強い。前走を見てもダート馬なのは間違いないし、稽古は地味でもしっかり追ってあれば動けるタイプ。当然、ここに入っても無様な競馬はしないはずだよ」と。

【馬単】
3⇔4
3⇔11
3⇔6
3⇔1
3⇔2
3⇔9
3⇔12


【3連複】
1頭軸流し
軸=3
相手=4・11・6・1・2・9・12(21点)


【3連単】
2頭軸マルチ
軸=3⇔4
相手=11・6・1・2・9・12(36点)


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する