記録中

2/19(日)小倉★6Rエンパイアステート

最強の条件馬――。オールド競馬ファンなら第1回ジャパンCを制したメアジードーツ(当時はアメリカの条件馬)、未勝利馬ながら格上挑戦の青葉賞で3着に激走したロイスアンドロイス(※1)、最強の1勝馬エイシンカチータなどを思い浮かべるに違いないが、緑色の場所で公開している●●●●●●●●●は砂のロイスアンドロイス、現代の最強ダート未勝利馬だろう。

だからこそダーレーJFの関係者は地方に転出せず手元に置いているんだけど、いかんせん東京のダート戦はどこも出馬ラッシュだ。使いたくても使えない状況に陣営は九州遠征を決断。美浦トレセンから馬運車で揺られること約20時間かけて小倉に到着したが、開幕週に組まれた4歳500万下ダ1700M2鞍は未勝利馬の身分では抽選すらしてもらえず、残念ながら出走できなかった。

しかし、これは想定の範囲杯。2週目の小倉にはベスト条件が3鞍も組まれているからな。それでもダ1700Mは少々厳しいかもしれないが、恐らくダ2400Mには使えると見ている。開幕週にフルゲート割れした芝2600Mにブチ込むのを自重したのは好感が持てるし、1つ勝てばローカルの500万条件なら無双できる馬だと思うぜ?


2/18(土)東京★6Rメイスンスパート

超マニアック東京ご当地馬主、梅村浩オーナーの勝負馬。昨秋の府中、1回東京開幕週に続いての登場(※1)だが、今回はフェブラリーS週に愛馬全部出し(2頭だけど……)。そのなかでも緑色の場所で公開しているメイスン●●●●は過去7戦連続で府中に使われている東京専用機だ。

前走も着順だけ見ると「またか……」と思ってしまいがちだが、あれは勝った馬を褒めるべきだろう。いつもより前目で競馬ができたのは大きな収穫だし、これまで戦ってきた相手から現級は楽々突破できる力があるのは明らかだ。余談として18(土)東京★Rには前走掲示板で載った馬がガン首揃えて出走を予定しているけど、人気薄で激走した3、4着馬のオーナーも東京ご当地馬主だったりする。甘くはないだろうが今度はワンツースリーまである!?

2/19(日)小倉★7Rエーデルメイシュ

毎日ガン見している読者には説明不要。岡田牧雄ノルマンディー軍団の小倉勝負馬。緑色の場所で公開しているO・S馬が狙える理由は2/4【来週開幕】1回小倉は“あのお方”が率いるN軍団の関東馬が激アツ!?に譲るとして、今週末のフェブラリーSには生産馬サウンドトゥルーが出走を予定している。

主戦の大野Jが騎乗停止により誰に乗り替わるかも含めて要注目だが、本当に使ってくる(※1)からマジ半端ない。昨日発売された競馬最強の法則3月号でフェブラリーS緊急参戦の内幕(※2)が語られているけど、あの記事を読んで思わず冷や汗が出たよ。当時は緑色の場所&ヒヨコでも詳細は濁したとはいえ……
(※1川崎記念のカネになる話2017を参照。何か言われたら“複数のルートから入手した話です!”で押し切るしかないよな~)

2/19(日)東京★6Rキャナルストリート

当初は(畑端)省吾の悲しみ(※1)と題して土曜京都5Rに出走を予定しているスイーズドリームスを取り上げようかと思ったけど、同じレースに先週ジョーの部屋で限定公開して固め打ちしたブログNG馬主の勝負馬が使うので自重。須貝師がアッサリ前言を翻して武豊Jに鞍上強化だけに面白い存在ではあるけど、個人的には今年連対率5割(4戦2連対)の畑端で行ってほしかった……


※1ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
浜田省吾 悲しみは雪のように

“しょうご”つながりで浜田省吾の名曲。誰もが~~~泣いてる~♪
(これもJASRACだと危ない。マジで息苦しい世の中になったモンだ……)


若い読者置いてけぼりの出オチ動画ネタはさておき、緑色の場所で公開している●●●●●●●●●も上記のスイーズドリームスと同じく、数奇な巡り合わせにより武豊Jに勝負の手綱が託されることに。基本的に俺は中間の調整に狂いが生じている馬を狙うのは趣味じゃないけど、この馬に関しては1週スライド出走がプラスに働きそう。除外で1本余計に追えたし、今回から装着予定のチークP効果に期待だ!

2/18(土)東京★8Rクールエイジア

今夜は緑色の場所&ヒヨコで後述する【フェブラリーS】サウンドトゥルー鞍上決定の舞台裏記念と題して、俺が独断と偏見で選んだ柴田善Jの今週1番級(!?)勝負馬を緊急公開。出走馬の確定が最強取材の時間帯と重なったこともあるけど、次号のテーマそっちのけで“あのお方”の話題が中心に。とりあえず俺からは「表向き、MOさん(仮名)は生産者なので……」(※1)とツッコんでおいたが(笑)、ジャスタウェイの安田記念は“真の所有者”が同じ(※2)だったからな~


※1ブログ参考画像(競馬最強の法則3月号より)
makiogaiu.jpg
サウンドトゥルーはLEXのマネジメント馬です!(何で俺がフォローする羽目に……)


こっちはこっちでテポドン級の核弾頭が飛んで来かねないから軌道修正すると、緑色の場所で公開している●●●●●●●は柴田善Jのお手馬だ。それだけに不利が重なり敗れた前走でもある程度結果を出せたことに、確かな手応えを掴んでいる。中途半端に動くと良くないタイプなので展開次第になるが、もう1回狙って見る価値はあるかなと。個人的にはフェブラリーSのサウンドトゥルーよりこの馬を買いたい!?

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する