10/16

軸馬は誰が優秀かな?
某小氏 (勝率20%、複勝率30%)
某石氏 (勝率50%、複勝率66%)
【馬券に絡む馬】勝負馬◎ (勝率64%、複勝率83%)
【朝のオッズ2】勝負馬◎ (勝率75%、複勝率100%)
【推奨馬A】勝負馬◎ (勝率71%、複勝率85%)
《4F馬連》R的中率 57%、回収率86%
《7F馬連単》馬連的中率 59%、馬連回収率 87%、馬単回収率 87%

【競馬道新指数AV馬】 (勝率50%、複勝率66%)
AV新潟1R$マテラスカイ◎180.110
AV新潟2R エンドゲーム△150
AV新潟4R ダンツチェック○140
AV東京5R テイケイラピッド×
AV東京8R タガノカムイ×
AV京都4R ゼットガンバー○130






月間的中率と回収率(馬連)←好不調の参考に。
Masters(馬連的中50%、馬連回収49%)
新潟2R ○11-7-10(820)
内回り&この距離◎!
2歳未勝利 芝2000m


◎ 11ウインガナドル

東京をパスして新潟まで待機。「地力勝負に持ち込み易い新潟の内回りなら力で押し切れる」と厩舎。 中山の前走は粘れなかったが、ジョッキーは「初めての右回りと最後の坂が影響した」と話していた。「体調は安定しているし、使いながら力もつけてきた。新潟1800mの外回りで2戦しているが、内回りのこの距離で強力な同型も不在とあれば押し切れる」と厩舎。

「稽古では幼い面はあったが、実戦での走りは良かった。気性的にもレースを1度経験した上積みは相当。距離延長もプラスで今度は楽しみ」というエテレインミノル、「ズッと馬場が悪かったけど今回は良馬場。前走でも上がりは最速だし、コレはまず一変する」と厩舎好感触のスティーマーレーンを相手に強調。


馬連

[本線]
7-11
8-11
10-11
[押さえ]
3-11
9-11
2-11
5-11


3連複フォーメーション

1着) 11
2着) 7,8,10
3着) 7,8,10,3,9,2,5,4

組み合わせ数18点


3連単フォーメーション

1着) 11
2着) 7,8,10,3
3着) 7,8,10,3,9,2,5,4
1着) 7,8
2着) 11
3着) 7,8,10,3,9,2,5,4

トップシークレット(馬連的中75%、馬連回収68%)
【東京1R】  ○14-12-1(990)
⑭キュイキュイ

ここは【キャロットF】の勝負馬キュイキュイの巻き返しに期待する。関係者が新馬勝ちを期待して出走したデビュー戦で4着。入れ込みが目立っていたし、レース後に腹痛が判明するなど、どうやら状態が本物でなかった様子。それもあって中間は放牧に出して立て直し。「折り合いに課題を残すので短縮はプラス。ハービンジャーの仔にしては切れ味もある。今回は競馬場へ前日に運んで一泊してからの競馬なので、平常心で挑めれば勝ち負けになる」と関係者。


馬連

14-11.03.12.01.09.05.06

3連複1頭軸流し(21点)

14-11.03.12.01.09.05.06

3連単フォーメーション(30点)

1着:14
2着:11.03.12.01.09
3着:11.03.12.01.09.05.06

3連単フォーメーション(18点)

1着:11.03.12
2着:14
3着:11.03.12.01.09.05.06

Mr.サンタ(馬連的中58%、馬連回収66%)
東京1R ○14-12-1(990)

自分にはジョッキーのヤラズとしか思えなかったが、調教師的には「どうして負けたのかが不思議」というキュイキュイの前走。とりあえずレース後には「腹痛を起こしていた」という話もあるだけ、精神的なものもあったと無理やり納得することにした。「ハービンジャーの仔だけど、どちらかといえば母父サンデーが出たタイプ。しっかり切れるぶん東京は合うし、折り合い的に距離短縮もいいはず。少しイライラしてるのがどうかだけど、前日に運んで一泊させるから、平常心で臨めれば何とかなっていいと思うよ」と厩舎関係者。能力どおりなら勝ち負け。

【馬単】
14⇔1
14⇔11
14⇔3
14⇔5
14⇔10
14⇔12
14⇔9


【3連複】
1頭軸流し
軸=14
相手=1・11・3・5・10・12・9(21点)


【3連単】
フォーメーション
1着=14
2着=1・11・3・5・10
3着=1・11・3・5・10・12・9(30点)



東京2R ×

デビュー2戦が案外だったアイティプリンセスだが、脚元の関係で坂路しかやれていなかったのも事実。立て直した今回はコース併用でキッチリ。距離延長も相まって大きく変わってくる公算が高い。「休養前はソエ。距離自体も忙しすぎで攻めの良さをサッパリ生かせなかった。でも、立て直した今はソエが治まり、コースでの追い切りもできるほど馬がしっかりしてる。もともとそんな状態でも坂路でハンパなく動いていたぐらいだから、持ってる能力はハンパない馬。それをこの距離で引き出せればアッサリだと思っている」と厩舎サイド。真価を問う一戦。

【馬単】
9⇔10
9⇔12
9⇔2
9⇔13
9⇔3
9⇔8
9⇔6


【3連複】
1頭軸流し
軸=9
相手=10・12・2・13・3・8・6(21点)


【3連単】
フォーメーション
1着=9
2着=10・12・2・13・3
3着=10・12・2・13・3・8・6(30点)



新潟7R ×

昇級後の⑥⑤着は不利の連続で不完全燃焼の競馬。牡馬相手になるぶんは若手騎手戦のメンバーで相殺できるとみてレアドロップを狙い撃つ。「どうしてもゲート内でチャカついてアオり気味のスタートになるけど、それ以上にここ2戦は直後に挟まれる不利の方が堪えていた。それに、2戦とも勝ち馬が強すぎたというのも事実。現に前走は③着となら0秒1差だし、スムーズならもっと上に来れていたはずだからね。幸いデキは高いレベルで安定しているので、今回は鞍上を替えて気分転換。勝ってる新潟で不利のない競馬ができれば、当然違う結果になると思いますよ」と厩舎サイド。まともなら圏内。

【馬単】
9⇔11
9⇔10
9⇔7
9⇔3
9⇔4
9⇔12
9⇔8


【3連複】
1頭軸流し
軸=9
相手=11・10・7・3・4・12・8(21点)


【3連単】
2頭軸マルチ
軸=9⇔11
相手=10・7・3・4・12・8(36点)


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する