9/4

軸馬は誰が優秀かな?
某小氏 (勝率50%、複勝率50%)
某石氏 (勝率0%、複勝率0%)
【馬券に絡む馬】勝負馬◎ (勝率28%、複勝率85%)
【朝のオッズ2】勝負馬◎ (勝率100%、複勝率100%)
【推奨馬A】勝負馬◎ (勝率50%、複勝率100%)
《4F馬連》R的中率 75%、回収率93%
《7F馬連単》馬連的中率 38%、馬連回収率 81%、馬単回収率 81%

【競馬道新指数AV馬】 (勝率0%、複勝率0%)





月間的中率と回収率(馬連)←好不調の参考に。
Masters(馬連的中0%、馬連回収0%)
新潟1R
新潟の芝で決める!
2歳未勝利 芝1600m


◎ 13ロジムーン

前走後は一旦立て直して放牧へ。戸崎が跨った1週前の坂路では絶好の動きで2歳馬の1番時計。帰厩後の動きは休養前と比べてグンと良くなっている。「バランスが良くて、センスもあって本当にイイ馬。馬がシッカリしてきた今度はどんな強い勝ち方をしてくれるか楽しみ」と強気の陣営。

相手一番はディアシューター。最後に甘くなった初戦はこの厩舎らしい負け方。高木登厩舎の2戦目は走るし、ひと叩きして馬の気配も明らかに上向き。発馬を決めれば逆転も十分。この次に「前走は相手が悪かっただけ。最終週でも新潟の馬場はそこまでは悪くなっていないので前に行っても大丈夫。大体勝負になるはず」というウインハイラント。

いよいよ来週、9/10よりスタートする秋競馬では、開幕週から強力情報馬がスタンバイ!

中でも、これまでの実績から、世間、マスコミの評価はまだまだ低い為、人気にはなりませんが、「権利取りが懸かった今回は“大ヤリ”も“大ヤリ”!!」という勝負話を某有力馬主から既に入手しています。詳細は控えますが“絶対に買い”のこの勝負話を楽しみにしていて下さい!!


馬連

[本線]
3-13
13-17
11-13
[押さえ]
1-13
8-13
13-15


3連複フォーメーション

1着) 13
2着) 3,17,11
3着) 3,17,11,1,8,15,9

組み合わせ数15点


3連単フォーメーション

1着) 13
2着) 3,17,11,1
3着) 3,17,11,1,8,15,9
1着) 3,17
2着) 13
3着) 3,17,11,1,8,15,9

トップシークレット(馬連的中100%、馬連回収104%)
【新潟1R】
⑬ロジムーン

1週前の稽古に跨り感触を確かめた戸崎が「凄くよかったですよ。これは楽しみですね」と、近しい人間に笑顔で語っていたとも言われているのが【久米田正明】オーナーの勝負馬ロジムーン。専門紙などのコメント欄には「休む前と大きく変わっていない」や「相手関係ひとつ」と控え目なものも目につくが、当社情報網は関係者より「放牧を挟んでココ目標にキッチリ仕上がった。休む前より良くなっているし、これは勝たないとダメな馬」との本音を入手。


馬連

13-17.03.01.11.08.18.09

3連複1頭軸流し(21点)

13-17.03.01.11.08.18.09

3連単フォーメーション(30点)

1着:13
2着:17.03.01.11.08
3着:17.03.01.11.08.18.09

3連単フォーメーション(18点)

1着:17.03.01
2着:13
3着:17.03.01.11.08.18.09

Mr.サンタ(馬連的中0%、馬連回収0%)
新潟1R

もはや萩原調教師の『泣き』はトレセン内の誰もが知るところだが、今回のロジムーンに関しては本当に珍しいぐらい超強気。自分はもちろん、厩舎番としてずっと張り付いているベテランTMでさえ「こんなの初めて」というレベルだから凄い。「前走後は一旦放牧を挟んでココ目標に仕上げた。状態はそんなに変わってないが(このへんが師らしさ)、ぶっちゃけ前回ぐらいのデキで勝たないとダメな馬。普通に何とかなるだろう」と。ちなみに、1週前の稽古に乗った戸崎Jは「前回乗った時よりぜんぜん良くなってる」と。これはまず安泰の◎。

【馬単】
13⇔3
13⇔17
13⇔1
13⇔11
13⇔8
13⇔9
13⇔15


【3連複】
1頭軸流し
軸=13
相手=3・17・1・11・8・9・15(21点)


【3連単】
フォーメーション
1着=13
2着=3・17・1・11・8
3着=3・17・1・11・8・9・15(30点)



札幌3R

まだキャリア3戦。前走の内容からも、このメンバーならスワーヴラーシドで確勝だろう。「前走は3角の不利がなければ勝っていた競馬。あれでもう1回未勝利を使わなきゃいけないのは本当に悔しいけど、短距離で正解だったのは証明できたからね。中1週でもデキは申し分ないし、もともと捌きの硬い馬だからダート適性も間違いなし。そもそも今の未勝利じゃ素質も能力も違う馬だもん。さすがに今回は決めてくれないと困っちゃうよ」と厩舎関係者。14戦して勝ちきれないマックールあたりとは伸びシロが違いすぎる。

【馬単】
2⇔3
2⇔8
2⇔9
2⇔10
2⇔5
2⇔4
2⇔1


【3連複】
1頭軸流し
軸=2
相手=3・8・9・10・5・4・1(21点)


【3連単】
フォーメーション
1着=2
2着=3・8・9・10・5
3着=3・8・9・10・5・4・1(30点)



新潟6R

「新開厩舎が今週下ろす新馬はどっちもイイぞ」と囁かれていて、土曜のフィールザサンダーが4番人気②着。結構オイシイ配当だっただけにココで推奨しなかったことを悔やむが、もともと「より自信があるのは日曜の方」と聞いていたのも事実。◎は予定どおりユキノドリーム。「入厩当初から調教の動きが良かったし、スタートも抜群に速い馬。ピッチ走法でいかにもダートの新馬向きといった感じ。将来性はともかく、今のダートのメンバーならまず上位争いになると思います」と厩舎関係者。こっちだけコケて裏目を食わぬよう、鞍上にはハッパをかけておいた。

【馬単】
4⇔7
4⇔1
4⇔11
4⇔8
4⇔6
4⇔3
4⇔10


【3連複】
1頭軸流し
軸=4
相手=7・1・11・8・6・3・10(21点)


【3連単】
2頭軸マルチ
軸=4⇔7
相手=1・11・8・6・3・10(36点)


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する