W情報

9月21日(土曜日)
鹿戸雄厩舎・藤沢和厩舎

新潟7R・8R・9R・10R・12R
鹿戸雄一 厩舎
キーンランドCで7着だったスマートオリオンですが、2週後のスプリンターズSには使わずに、放牧に出て休養中です。次走は未定ですが11/30の京阪杯辺りになりそうです。

新潟5R
[B]タイタニウム

入厩当初はそれ程目立たなかったが、ココ最近はだいぶ前向きさが出てきて仕上がりは上々。「先週・今週と格上馬相手に遜色ない動きを見せました。能力はあるけど初戦はどうか?と思っていましたが、少し楽しみになりました」とココに来てトーンは上がってきた。

新潟9R 咲花特別
[A]ソーミラキュラス

出戻り初戦から勝負話をお伝えしているドル箱馬。前走も「ダート替わりも問題ない」との話で本命に推奨して馬連大本線、そして3連単は1万3430円の万券的中をお届けした。今回は2ヶ月半ぶりで昇級戦。「少し太いのは確かですが、乗り味はオープン馬ですよ。ここも素質で突破してくれると思います」と陣営は強気。

新潟10R レインボーS
[C]ネオブラックダイヤ

一息入れて立て直して馬体回復につとめて4ヶ月ぶりの競馬。「10キロ以上は戻っています。強い調教をしても減らなくなって来ているのも良い傾向ですね」と陣営は前向きだが、現級では頭打ちの状況。6歳馬でもあり大きく期待をするのは酷だろう。

新潟10R レインボーS
[A]マイネルディーン

10ヶ月ぶりだった前走だが力の違いを見せて快勝。「前走は仕上がりも良かったし、上のクラスでも好走していたので、あの位は走って当然です。疲れもなかったし、引き続きいい状態なのでここは当然好勝負でしょう。新潟コースに替わっても大丈夫だと思いますよ」と、関係者は自信を持っていた。

藤沢和雄 厩舎
土曜日は3連単で1万5030円の的中をお届けしたネオルミエールの勝った新馬戦と2歳未勝利のレッドルモンドが2勝を挙げて、矢作厩舎を抜いてリーディングも奪回しました。

新潟4R
[C]レッドフォルツァ

初障害だった前走、慎重に様子見てたような所もあったが9着。「終いだけはいい脚を使いましたが、だからと言って2回目で即勝ち負けするまではどうでしょうか?もう少し慣れてきてからになるでしょうね」と意外に控えめの陣営。2戦目で今度は入着あれば、という雰囲気だった。

新潟5R
[B]ドラゴンストーム

入厩時から調教で良い動きを見せて評判になっていた1頭。「芝向きの良い走りをします。もしかしたら土曜のネオよりも素質は上かもしれません」と厩舎サイドは盛り上がっている。北村宏騎手は「走ることは間違いありませんが、非力なので絶対とは言えません」とやや慎重。2歳馬が絶好調のこの厩舎なので当然注目ではあるが・・・

新潟11R セントライト記念
[A]サトノフェラーリ

春より体質が強くなり、「調教でもへこたれなくなって、抜群にイイ動きでした。前走も期待していますたが、勝ってセントライト記念というプランはなかったので嬉しい誤算です。春当時には歯が立たなかったライバルとの差は詰まっていると思いますよ。力をつけて来た今なら、実績馬にも立ち向かえると思います」と陣営は強気だった。

新潟11R セントライト記念
[B]デルカイザー

一息入れて体が戻っていた前走、スローでもシッカリと折り合って競馬が上手に出来て勝利。「前走は自分から動いて勝ちに行って、ナカナカ強い勝ち方でした。この中間は更に強い調教をしていますが、へこたれずにこなしています。相手は強くなりますが、元々はこの馬も期待が大きかった馬で大化けするかもしれませんよ」と一発を狙う雰囲気はあった。


新潟7R・8R・9R・10R・12R


7R
3歳上500万下 ダ1800m


事前情報ランクC



期待値65%
萩原 厩舎
7枠13番
サヴァティアーノ


追い切りに乗って「非常に良いです。今回はチャンスだ」と自信を深めたエスポジート騎手。「前走後は短期放牧を挟んで十分に間隔を取って調整して来ました。輸送で多少が体重が減るかもしれませんが落ち着いていれば何の問題もありません。ココは決めたいですね」と厩舎も力が入っていたとの事。




期待値65%
大久保洋 厩舎
7枠12番
ハイアーレート


休養前の前走は連戦の疲れがあって体重も大きく減ってしまいデキは明らかに下降していた。「放牧に出して立て直しました。少し夏負けの兆候もあって前走は参考外です。同世代でも強い馬に揉まれて来たし、イキナリから走れる気性なので楽しみです」と休み明け初戦から勝負気配の陣営。





8R
3歳上500万下 芝1000m直


事前情報ランクB



期待値70%
武井 厩舎
6枠12番
カカリア


「もう一度岩田さんが乗ってくれるので何とかなると思います」との話をお伝えした前走が2着。「ゲートを上手く出て流れに乗れていましたが、内枠の馬場の悪いところを通った分、外枠だった勝ち馬には僅かに及びませんでした。中1週ですが疲れなく順調に来ているので、今度こそ何とかしたいですね」と陣営。6枠と前走よりはかなり外の枠を引けた事も好材料。岩田はローズSで騎乗のため鞍上は川田に替わるが「同系列エージェント」の乗り替わりで心配は無い。




期待値70%
菊沢 厩舎
3枠5番
ダイワミストレス


折り合いに難があるので距離短縮は何よりの好材料。「小細工のいらない1000mなら最初からスピードに任せて行くだけです。ゲートの悪さや折り合いに問題があって勝ち味に遅いですが、素質的には500万にいる馬ではありません。少し枠は内ですが、そでれも楽勝してしまうかもしれませんよ」と陣営。鞍上にはこのオーナーの勝負騎手とも言えるヒロシ、その秘めた能力を発揮すればアッサリがあっても驚けない。





9R 咲花特別
3歳上1000万下 ダ1800m


事前情報ランクM



期待値70%
森 厩舎
3枠4番
セセリ


春先はクラシック路線を歩んでいたが、実はかなり前から『ダート馬ではないか?』との話があり、実際にダートを使おうと思った事もあった。ただ2走前のあやめ賞に勝ったので春は思い切った挑戦ができなかったようだ。「休ませて逞しく成長したし、ようやくダートを走れます。54キロならばイキナリ好勝負になると思います」と陣営。




期待値70%
鹿戸雄 厩舎
2枠3番
ソーミラキュラス


出戻り初戦から勝負話をお伝えしているドル箱馬。前走も「ダート替わりも問題ない」との話で本命に推奨して馬連大本線、そして3連単は1万3430円の万券的中をお届けした。今回は2ヶ月半ぶりで昇級戦。「少し太いのは確かですが、乗り味はオープン馬ですよ。ここも素質で突破してくれると思います」と陣営は強気。





10R レインボーS
3歳上1600万下 芝2000m外


事前情報ランクB



期待値70%
藤原英 厩舎
4枠4番
ファントムライト


今週はセントライト記念で騎乗するステファノスの追い切りに乗りに行った三浦騎手。「ステファノスも良いですがコチラも凄くイイ!間違いなく重賞を獲る馬ですね」と大絶賛していたとの事。9ヶ月ぶりで大幅な馬体増の前走でも2着と0.1秒差の2着と力のあるところを見せた。「好走の反動なく順調です。ココは勝たないといけませんね」と気合を入れていた陣営。




期待値70%
鹿戸雄 厩舎
3枠3番
マイネルディーン


10ヶ月ぶりだった前走だが力の違いを見せて快勝。「前走は仕上がりも良かったし、上のクラスでも好走していたので、あの位は走って当然です。疲れもなかったし、引き続きいい状態なのでここは当然好勝負でしょう。新潟コースに替わっても大丈夫だと思いますよ」と、こちらも関係者は自信を持っていた。




12R
3歳上500万下 ダ1200m


事前情報ランクC



期待値65%
伊藤圭 厩舎
8枠15番
ベストヒット


北海道シリーズでは毎回好走して常に掲示板を確保していたが、1000mでは勝ち切れずに善戦止まりだった。「徐々に控えて脚を溜める競馬を覚えて来ました。1200mの方がスムーズに流れに乗れそうなのでどんな競馬をしてくれるか楽しみです」と陣営。8月は全く勝てずに不振に喘いでいた厩舎だが、9月に入り既に3勝とココに来て流れも良くなってきた感がある。

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する