風雷益の効果

風雷益を使用し始めてから4ヶ月が経ちました。
結果は・・・

他にも起爆水というのも使用しましたが。
こちらは全くの無意味。(エンジン音が静かになった程度)
まず去年の同時期の燃費推移は(満タン計測法)
車はスズキワゴンR RR(ターボ車)装備品は購入時のまま。(平成13年製)
通勤レジャーで毎日使用。
日付距離km燃料㍑燃費
平成21年3月4日354.526.0413.61
平成21年3月8日380.427.5913.79
平成21年3月12日213.115.0714.14
平成21年3月19日230.116.4314.00
平成21年3月29日237.916.7314.22
平成21年4月6日293.220.1414.56
平成21年4月19日383.525.4315.08
平成21年4月29日383.725.8614.84
平成21年5月11日328.821.1615.54
平成21年5月18日336.521.4115.72
平成21年5月29日397.725.1715.80
平成21年6月7日336.622.1115.22
平成21年6月12日214.013.3616.02
平成21年6月20日331.821.0515.76
平成21年6月29日345.122.8215.12
平成21年7月6日346.621.8015.90
平均5113.5342.214.94
で、今年の同じ時期は
日付距離km燃料㍑燃費
平成22年3月5日277.219.2114.43
平成22年3月8日383.826.3214.58
平成22年3月13日264.818.3514.43
平成22年3月20日295.919.9414.84
平成22年3月26日136.99.5714.31
平成22年3月30日157.213.7011.47
平成22年4月6日240.018.0013.33
平成22年4月14日350.023.2615.05
平成22年4月23日277.518.2515.21
平成22年4月30日253.317.3314.62
平成22年5月14日380.724.7315.39
平成22年5月21日339.621.4315.85
平成22年6月2日333.221.3215.63
平成22年6月11日397.824.8416.01
平成22年6月20日352.422.0016.02
平成22年6月27日381.623.7016.10
平成22年7月6日425.426.7515.90
平均5247.3348.715.05
と言う結果です。
0.1km/Lの効果アップじゃあ入れる必要は全くありません。
3/30は渋滞で燃費が最悪でしたけど。
仮にその1回をのぞいても
0.2km/Lの効果アップ
1本6000円もするし、すでに350mLは使ったことになる。
ガソリンの値段からすると、無駄 でした。

まあ競馬の方もそうですが、必ず儲かる とか 的中連戦連勝 とか
煽りますが、ほとんどがインチキでしたから。

無くなるまでは続けます(どうせごみになるのなら使い切る)

燃費の向上はズバリ
アイトリングストップ
です。
新車時はそんなことしてませんから、同じ期間で比較すると
日付距離km燃料㍑燃費
平均5928.8470.812.59
2.5km/Lの効果アップが認められています。

マツダの車のi-stopは理にかなっています。
日産マーチがクラス最高燃費をたたき出しているのもうなずけます。
HVはいりませんね。EVならまだしも。
両者とも値段が高すぎるし。

アイドリングストップは真剣に運転している証拠。
信号待ち5秒以上あれば燃費向上に繋がります。
バッテリーは2年目ですが快調に始動できています。

以上。
競馬以外の報告でした。

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する